For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

English 


英検合格への喜び、元面接試験官が指導             英検 e ラーニング / 英検突破講座(面接対策・実力養成)

KEC 英語教室(経営者&講師、1978 - 1990)

実用英語検定試験二次面接試験委員(試験官、

 (1987 - 2012、2013年以降は随時)

 

講座内容の説明

e ラーニング英検3級面接試験対策・実力養成

e ラーニング英検準2級面接試験対策・実力養成

e ラーニング英検2級面接試験対策・実力養成

 

講座受講のための購入サイト

受講者コメントこちらです。

メディアによる紹介報道記事、動画

OCTVによる講座開始紹介報道。


英語学習の問題と解決

TOEIC 835、国連英検A級 英検二次面接試験委員25年
TOEIC 835、国連英検A級 英検二次面接試験委員25年

多くの学生が中学校、高校で英語嫌いになっています。

一方でコミュニケーションの道具として”使える英語”の重要性と必要性が声高に叫ばれています。

しかし、バランスのとれた語学力を習得することは容易でないこともこれまでの歴史が示しています。

中学校・高校の先生でさえもその英語力は十分ではないのですから・・・。

(その実情・現状は下記の新聞記事を参照下さい。)

 

どうすればいいのでしょうか。

 

私自身の私流的勉強法(現在も継続中です)は以下の通りです。

 

NHKラジオ英語講座の基礎英語1、基礎英語2、基礎英語3、英会話(6:00 - 7:00、再放送あり)をレベルに合わせて可能な限りすべて活用します。

 

テキストは放送前及び放送中は決して開かない、見ない

(テキストは確認用に使用します。不要なら購入する必要はありません。)

放送(講座)が始まったら、目、耳、口、手すべてを使って15分で講座のスキット(ストーリー)

 を書き上げ、自分で作成する。

(集中しなければこの作業はできません。)

放送終了後、聞き取れなかったり書けなかった単語、句、節などはテキストを参照し、修正する。(自分の弱点を発見し強化することに効果的につながります。)

正しいスキット(ストーリー)を暗唱する。

(一度は暗記する過程は学習には不可欠です。)

学習した単語、句、節を実際の場面で利活用する。

(会得した知識を定着させる努力も不可欠です。)

 

上述したこの内容は イヤでも身につく”使える英語力” の中でも記述しています。

 

この釜本(式)英語学習法を実践していただき、慣れていただくためのインターネット3講座を準備しています。

e ラーニング英検3級面接試験対策・実力養成   

e ラーニング英検準2級面接試験対策・実力養成  

e ラーニング英検2級面接試験対策・実力養成   

講座受講のための購入サイトと受講者コメントこちらです。  

上記3講座のレッスンの流れは以下の通りです。(実際のレッスンの音声は含まれていません。)

実力養成レッスンの流れ

面接試験対策レッスンの流れ

全体概要紹介


 

以上ですが、ご希望であれば 、

10数年の英語塾講師(TOEIC 835、国連英検A級)、25年の英検面接試験官(↓下段掲載写真参照)、国内外で多くの業務(産業)翻訳・通訳をてがけ、2011年から市立尾道大学・キャリア演習室・特別講義/企業訪問講師でもある釜本の経験と実績の範囲内でご相談に応じます。

 

ご相談いただいた結果として、スカイプによる3名までの個人指導(有料)を行うことが可能です。

通学は不要で、コンピューター環境が整えばレッスン開始できます。

 

お気軽に下記のフォームからメールでご連絡下さい。秘密は厳守いたします。

 

但し、ご相談いただく前に、このホームページで 釜本 ニ の略歴と実績などを確認、チェックしておいて下さい。


    

   ← クリックで無料英会話道場のページへ


      英検(実用英語検定試験)・面接委員(2次面接試験官)表彰状 25年間(1987.07 - 2012.02)
      英検(実用英語検定試験)・面接委員(2次面接試験官)表彰状 25年間(1987.07 - 2012.02)
教育 高校3年生の英語力の実態 NHKニュース 15.03.19
(教育 高校3年生の英語力の実態 NHKニュース 15.03.19)

以下の新聞記事で報道されているように従来の大学入試の英語試験に外部試験、TOEFL、TOEIC、英検などが導入される日が早く来てほしいと思います。
何十年も社会的要求に応えられる結果を生まない旧態依然とした英語教育制度を改革するのは極めて自然で良いことです。
反対しているのは変化に対応できない教師、一日で読める英語読本と何十年も使える英語文法書で毎年同じ授業をする教師、そして自説しか頭にない学者でしょう。

英語力持つ先生、目標以下 (2014.11.20朝日新聞)
英語力持つ先生、目標以下 (2014.11.20朝日新聞)

2014年11月9日は英検二次面接試験で英語による面接試験官として一日で49名の一次試験合格者を面接しました。(25年間の英検二次面接試験委員は65歳で定年となりましたが、応援必要時には時々、面接試験官を務めます。)

On November 9th, I interviewed in English 49 examinees at an examination site for the second-stage English proficiency test by Eiken.

(I retired as an examiner at the age of 65,, but sometimes I am asked to do the same when they need help.)

朝日新聞 2015.08.29
朝日新聞 2015.08.29

   朝日新聞 2016.02.04

 

中学3年生の英語力が公表されましたが学力の改善は見られません(写真)。
低い評価の原因は

①英語教育制度が良くない、

②指導教員の力量不足、

③生徒の低い学習意欲、

④家庭内教育環境の悪さ、によるものです。
昨年度まで英検面接試験官として28年連続で面接試験を担当してきた者として中学生の英語力を30年ほど前と比較すると多少の改善は見られますが文部科学省が期待するものではありません。文部科学省や学者にはもはや改善は期待できません。
就学前の幼児や小学生には彼らが興味を示す英語テレビ番組を毎日1,2時間楽しく見てもらうだけでも大きく状況は変化するでしょう。中学生以上は生徒本人の自覚、やる気の問題ですから英語が必要と思えばラジオ、テレビ、インターネットを使ってどこにいても学習できる環境は現在の日本には整っています。

 

The learning achievement of English among the 9th graders in Japan has been revealed and no improvement has been seen. The main causes of this low achievement have been attributed to ①no good English education system in Japan, ②teachers’ low ability,

③students’ low appetite for learning and

④poor educational environment at home.
From my point of view as a 28 year long examiner for the second-stage oral English proficiency test, there is some improvement in their achievement in English learning, but it is not what the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology has long expected. 
We can’t expect the Ministry or scholars to improve the situation markedly.
The preschoolers and the primary school students can pick up English if they watch their favorite foreign TV programs in English for one or two hours a day. For the junior or senior high school students, it is up to them because they should learn English hard if they judge it is necessary. They can learn English wherever they are by using the radio, TV programs and/or the internet learning systems in today’s Japan.


     朝日新聞 2016.04.05

メモ: * は入力必須項目です

             釜本事務所 ホームページ サイト案内 

                      Copyright©1994 - 2017   Office KTK   All rights reserved.