For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)


翻訳・通訳サービス

釜本事務所では、中小事業者向け翻訳・通訳サービスを提供しております。

日本語 ⇔ 英 語

日本語 ⇔ 中国語

日本語⇔英語⇔アラビア語


釜本事務所の釜本 二(かまも とつぐる)は広島弁護士会に登録言語を「英語」として司法通訳の登録をされています。

これまでに米国、イギリス、フィリピンなどの弁護士、司法書士との間で翻訳・通訳作業を行っています、 

釜本事務所は技術分野、特に化学、電気、機械関係の翻訳・通訳サービをケイ・イー・シーとして長年行ってきました。

釜本自身の技術者、技術開発者としての経験とこの豊富な翻訳及び通訳経験を今後もサービスに生かしてまいります。

1982年のシカゴトリビューン紙による広島取材

1982年8月6日にアメリカで発行されたシカゴトリビューン紙の「視点」記事、「忘れられてはいない広島」の中で紹介された広島原爆記念館の高橋元館長のインタビュー記事はこちらです。
この時、新聞記者と広島原爆記念館の高橋元館長のお二人への通訳は釜本が行いました。 

 

2013年6月13日、自動車運搬船、ギリシャへ

 

中古の自動車運搬船がギリシャへ売却されその船体船外潜水検査が新船主の立会いのもとで行われ、通訳業務に携わりました。

 

新しい地域での安全航行を祈っています。

2017年03月、マレーシア巡視船での通訳業務
先週、マレーシアでは最初で最大の巡視船「パカン」で最初の搭乗員となる船長以下25名のマレーシア人の船上訓練での通訳業務についていました。
日本政府からマレーシアに供与されたこの巡視船は先代の「えりも」ですが、化粧直しや装備を新調し、新しい搭乗員の2週間の現場訓練を終えて3月4日に日本を後にしました。
5名が写っている写真は出航前に船上で撮ってもらったもので、中央が船長、左隣りが副船長、一等航海士、船長の右隣りが私、機関長です。
航海の無事と今後の活躍を祈っています。

2017年10月27日、LPG運搬船、タイへ

 

20年ほど前に建造されたこのLPG船が操船マニュアルなどの引き継ぎ作業を終え、尾道港を出港しました。

出航前の書類翻訳作業と現場通訳作業を秋空晴天の元で釜本が行いました。

新しい船主のもとで更に30年ほど働くようです。

メモ: * は入力必須項目です

             釜本事務所 ホームページ サイト案内 

                      Copyright©1994 - 2017   Office KTK   All rights reserved.