For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

                                     HOME PAGE MENU, OFFICE KTK

Copyright©1994 -    Office KTK   All rights reserved.

2022年

7月

05日

涼しい日々  Cooler Days

台風4号のおかげでここ数日は猛暑日からは逃れらえています。
水不足解消のためにも災害にならない程度の雨とその雨がもたらしてくれる涼しさは大歓迎です。
この状態が少しでも長く続けばいいのですが。
Thanks to Typhoon No. 4, we have been spared from the heat wave for the past few days.
We welcome the cooler weather and the less disastrous rainfall that will also help alleviate water shortages.
I wish this could continue as long as possible.

2022年

7月

04日

英会話学習への支援   Support for Improving English Skills

現在、少人数ですが大人の方々の英会話学習希望者の支援をオンライン、有料でさせていただいています。
支援させていただくにあたり、学習希望者には月曜日から金曜日までNHK基礎英語①、②、③を学習希望者に合った条件で自習することを約束いただきます。
この理由はこれらのコースでは学習希望者がバランスの取れた4つの英語技能と英文法を学習できるからです。
その上で、学習希望者、外国人講師と私の三人がネット上で集い、学習者は同じ週にNHKで学習した内容を使って会話主体のレッスンを受けます。そこでの私の役割は前者の二人が学習中によりよく理解し合えるようにそのレッスンを支援することです。
一年くらいで最も大切な英語の学習方法は会得いただけますので三者でのレッスンは一年くらいで卒業していただき、後は本人だけで学習を継続いただくのがいいと思っています。
I have been currently supporting a small number of adults, who wish to improve their English speaking skill, online for a fee.
In order to provide this support, the student must commit to self-study in NHK Basic English (1), (2), and (3) courses from Monday through Friday under their appropriate conditions.
The reason for this is that these courses allow them to learn four balanced English skills and English grammar.
Then, the student, the English speaking foreign teacher, and I meet online, and the student takes a conversation-oriented lesson using the content he/she studied at NHK during the same week, where my role is to support their lessons so that the former two can better understand each other during the learning process.
The student can master English learning method in about one year, so it is recommended that they graduate from my support after about one year, and they continue learning on their own.
続きを読む

2022年

7月

02日

節電、節水への具体的行動  Specific actions to save electricity and water

いずれも最終的には個人(家庭)の自覚と行動が必要です。
我が家では節電は節電虫を使って2台の固定電話の待機電力(合計10Wh)を1日中ゼロにしています。
夏の時期の節水はエアコンから自動生成する凝縮水(ドレン水)を1日10リットルほど集め花への散水、メダカ水槽への追加水に使っています。
節電、節水やSDGsに関してはメディアで多くのアドバイザーやコメンテーターが意見や方法を述べています。
はたして彼らの何人が自らどのような具体的な対策行動を取っているのかを知りたいものです。
そのあたりを司会者には彼らに質問してほしいものです。
Both ultimately require individual (household) awareness and action.
In the case of our household, we have been saving the standby power of two fixed-line telephones (10Wh in total) to zero throughout the day with a power-saving device named Setuden-mushi of my own invention.
To save water in summer, we collect about 10 liters of condensate automatically generated from the air conditioner per day and use it to sprinkle water on flowers and add water to the killifish aquarium.
In the medias, many advisors and commentators have expressed their opinions and methods on energy, water conservation and the SDGs.
I wonder how many of them are taking any specific measures themselves.
I would like the moderators to ask them about that.

続きを読む

2022年

7月

01日

新ギター楽譜、2022年度後半   New guitar music pieces for practice in the latter half of 2022

今年からギターグループから離れましたので、自分で全ての新しい練習曲を選んで、ギターソロ演奏、一人ギター重奏したり、他楽器の伴奏でギター演奏などをします。
今年後半の新曲は「愛の喜び」(J.P.マルティーニ、1741 – 1816)と「千の風になって」(新井 満、1946 - 2021)で、今年の3曲目と4曲目です。
なお、過去に練習・演奏した曲を忘れないように復習練習もします。
Since I have moved away from the group guitar this year, I choose all the new music pieces by myself to play solos, a one-person duets on the guitar and/or to play the guitar with accompaniment of other instruments.
The new ones in the latter half of this year are "The Joy of Love" (Jean Paul Egide Martini, 1741 - 1816) and "In a Thousand Winds" (Man Arai, 1946 - 2021) as my 3rd and 4th pieces for this year.
Besides these, I also review and practice the pieces I have practiced and played before so that I don't forget them.
続きを読む

2022年

6月

30日

節電、プラグを抜いてできる量と電力予備率 Amount of power saved by plugging out and the power reserve ratio

電力供給危機が今年も予想されて、毎日のように節電への呼びかけがメディアを通じて行われています。
節電の基本中の基本は使用しない電気製品はコンセントからプラグを抜くことです。
しかし、ほとんどの場合、その面倒さと電気製品利用の利便性のために電気製品のプラグをコンセントから抜いていません。
このように電気製品のプラグをコンセントに入れっぱなしの状態で使用されている電力消費を待機電力消費と言い、全電力消費量の4~6%を占めています。
この待機電力消費量数字パーセントは電力需給ひっ迫警報が発令される時の電力予備率数字の3パーセントよりも大きいのです。
プラグの脱着を自動的に行う技術が節電虫(技術、装置)で、この開発で私は省エネ大賞を1996年に受賞し、NTTがこの技術を採用しました。
With another power supply crisis predicted for this year, calls to save electricity have been being made daily through the media.
The basic rule of saving electricity is to unplug unused electrical appliances from the wall outlets.
However, in most cases, people do not unplug electrical products from their outlets because of the hassle involved and the convenience of using electrical products.
The power consumption of electrical appliances left plugged in is called standby power consumption, and accounts for 4-6% of total power consumption.
And this standby power consumption figure is larger than the 3% power reserve ratio when an electricity supply-demand crunch alert is issued.
The technology that automatically performs the state of plug removal is Setsuden-mushi(SOD, technology, device), and for this development I received the Energy Conservation Grand Prize in 1996, and NTT adopted this technology.
続きを読む

2022年

6月

29日

寒冷紗で早い夏対策   Earlier summer measures using the cold gauze


続きを読む

2022年

6月

28日

美しい音   Beautiful sounds

毎月一回の集まりで先日私が演奏した「雨だれ」(https://youtu.be/vIfKKMk_KRQ (3分44秒)について、集会の終了後に参加者3名の方から以下の言葉をいただきました。少々、自慢話ですみません。
1. クラシックギター演奏を聴くという非日常を味わえて良かった、楽しかったです。
2. ギターの音がきれいでした。
また、アメリカの友人からは、“なんて美しい演奏とメロディなんだ。レイチェルと私は天国のような音楽に耳を傾け、まるで雨粒のようにとてもリラックスすることができた。”とのコメントをもらいました。
演奏者にとって最高の誉め言葉は“音がきれい”ですから、次からもきれいな音が出せるように爪の手入れ、弦とのタッチ強度や方法、他を心がけながら練習します。
ちなみに、プロの演奏家の場合、録音された音楽CDでは演奏テクニックが優れている他に、演奏場所、録音技術、録音後の音源デジタル処理などによって音は大変きれいに仕上げてあります。
I received the following comments from three participants after the meeting about the "Raindrops" (https://youtu.be/vIfKKMk_KRQ, 3 min. 44 sec.) I recently played at our monthly gathering. I feel a little sorry for bragging.
1. It was nice to have an extraordinary experience of listening to the classical guitar performance and it was fun.
2. The sounds of the guitar were beautiful.
And a friend of mine living in USA mailed me, saying, ”What a beautiful rendition and melody. Rachel and I listened to the heavenly music, and it was very relaxing, just like the raindrops.”
The best compliment for a performer is to be said, "Your sounds are/were beautiful ."
So I will continue to practice the guitar while taking care of my fingernails, the intensity and method of my fingernails’ touch with the strings, and other things so that I can produce beautiful sounds the next time I play as well.
Just for your information, in addition to excellent playing technique, the professional performers' recorded music CDs have very beautiful sounds thanks to the the performing places, recording techniques, and digital sound processing after recording.
続きを読む

2022年

6月

27日

6月後半の身近な3題  Three familiar themes of ours for the second half of June

1. 雨中のカタツムリは梅雨の時期で楽しそうですが、ゆっくりとした動きはあたかも人間たちに“何を急いでいるの?”と問いかけているようです。
2. 巣立ちまじかの燕たちです。親鳥はもう頻繁には餌を運ばず子燕の巣立ちを促しているようです。
3. 家の導入路の石垣に自生している野イチゴです。やはりイチゴはこの時期の産物ですね。
1. Snails in the rain seem to be enjoying the rainy season, but their slow movements seem to be asking humans, "What's the hurry?"
2. They are swallows about to leave the nest. Their parent birds no longer bring food to them as often as they used to, and seem to be encouraging their young to leave the nest.
3. They are wild strawberries growing wild on the stone wall of the path leading to the house. Strawberries are a product of this season, aren’t they?
続きを読む

2022年

6月

24日

技術は使いよう  Use the technologies for the right purposes

“頭は使いよう、”とはよく言われることです。
技術も同じです。
小惑星探査機「はやぶさ2」の快挙はロケット技術、飛行制御技術などの技術とそれを管理できる善良で優秀な技術者と組織リーダーの成果です。
決して政治家ではありません。
技術もこのように良心的な人に使われれば人類の進歩に貢献できます。
しかし、同じ技術でもロシア、北朝鮮や中国のように他国の威嚇、自国の覇権のために良心の欠如した人が恣意的に使えば、逆効果で悲劇をもたらします。
The proverb says that let’s use our head, which means using one's brains for the right reasons.
It is also the case with technologies.
The great achievement of the asteroid explorer Hayabusa2 is the result of technology, including rocket and flight control technologies, and the good and talented engineers with their organizational leaders who can manage them.
They are no politicians.
Technology can contribute to human progress if used by such conscientious people.
However, the same technology can be counterproductive and bring tragedies if used arbitrarily by people without conscience to intimidate other countries or for their own hegemony, as in Russia, North Korea, and China.
続きを読む

2022年

6月

22日

NHK交響楽団 in 沖縄  NHK Symphony Orchestra in Okinawa


続きを読む

2022年

6月

21日

6月第2、3、4回目の尾道無料英会話道場(OESS)例会  The 2nd, the 3rd, and the 4th Onomichi Free English Conversation Dojo (OESS) meetings in June

毎月4回、午前に2回、夕方に2回開催している例会の第2回、第3回分日時とトークテーマは以下の通りでした。
第4回分は28日に予定しています。
* 第2回 6月9日、インド人の肥満化が深刻な問題に
* 第3回6月18日、小惑星探査機「はやぶさ2」
* 第4回6月23日、オーストラリア東部で過去数十年で最も寒い冬が始まり、送電網に負担
各例会には対面とオンラインの両方で参加可能です。
ご自由にご参加ください。
The dates, times, and talk topics for the monthly meetings to be held four times, twice in the morning and twice in the evening, were as follows for the 2nd and the 3rd meetings.
The meeting on the 23rd is a scheduled 4th one.
* The 2nd, June 9th , Indians are getting fatter - and it's a big problem
* The 3rd, June 18th , Asteroid Explorer Hayabusa2 - Spacecraft
* The 4th, June 23rd, Coldest start to winter in decades for eastern Australia with power grid under strain
Each meeting can be attended both in person and online.
Please feel free to attend.
続きを読む

2022年

6月

20日

父の日、私の場合  Father's Day, in my case

昨日6月19日は父の日でした。
今も息子夫婦から写真のようなプレゼントが届きました。
私の好物の一つ、湯豆腐ですが、大変おいしくいただきました。
感謝。
Yesterday, June 19 was Father's Day.
I received a gift from our son and his wife as shown in the photo this year as well.
It is one of my favorite food, tofu to be boiled and I enjoyed it very much.
Thanks.

2022年

6月

17日

梅雨の合間の一人eバイク巡り  Independent e-bike tour during a break in the rainy season

昨日16日(木)は梅雨入り後の晴れ間に恵まれたので、少し蒸し暑かったですが、eバイクで向島の南側の干汐と因島大橋の大浜パーキングエリアの間を往復してみました。
途中で友人が勤務していた広島大学の臨海実験所、昭和15年(1940年)に日本一の長寿村となった立花村を通り、走行往復距離は14キロ弱でした。
大橋に付属している自転車道と歩道は自動車道の下側で日陰になっており、しかも海風があり快適なサイクリングでした。
対岸の因島の大浜で目当てのソフトクリームは540円で高価でしたが、おいしかったです。
Yesterday, Thursday the 16th, we were blessed with fine weather after the rainy season started though it was a bit hot and humid, but I made a round trip on my e-bike between the southern side of Mukojima Island and the Ohama parking area of the Innoshima Ohashi Bridge.
On the way, I passed by the seaside experimental station of Hiroshima University, where a friend of mine used to work, and Tachibana Village, which became the most long-lived village in Japan in 1940.
The round trip distance was a little less than 14 km.
The bicycle path and footpath attached below the Ohashi Bridge were shaded by the upper motorway, and the sea breeze made the ride comfortable.
The soft-serve ice cream I wanted at Ohama on Innoshima Island on the other side of the island was expensive at 540 yen, but it was delicious.
続きを読む

2022年

6月

16日

雨だれ   Raindrops

ちょうど梅雨に入りましたので、今週18日(土)の集いには「雨だれ」(G.C.リンゼイ、1955 – 1943)を(一人)二重奏で演奏する予定です。
その演奏前に数か月ぶりに録音し私のユーチューブサイトにアップしました。
ギター愛好家の中では有名な曲で、雨粒がぽつりぽつりと落ちるのを描写した楽曲で、小粒の真珠のような雨粒がキラキラ輝いているような美しい曲です。
この曲は石原慎太郎の小説「太陽の季節」が映画化され、俳優の長門裕之と南田洋子が主演した映画の挿入曲でした。
私にとっては50年ほど前に練習を始め、ギター再開直後の12年前の演奏会でもソロで弾いた思い出の曲の一つです。
多くの人にとっては「雨だれ」というと真っ先に思い浮かべるのはショパンの前奏曲第15番かもしれませんが。
https://youtu.be/vIfKKMk_KRQ (3 min. 44 sec.)
As we have just entered the rainy season, I will be playing "Raindrops" (G.C. Lindsay, 1955 - 1943) as a one-man-duet for our gathering this Saturday, the 18th.
Before that performance, I have recorded it for the first time in a few months and uploaded it to You Tube site of mine.
This piece is well-known among guitar enthusiasts. It is a beautiful piece of music that describes raindrops falling in drops, like little pearls of glittering raindrops.
This music piece was an insert in the movie version of Shintaro Ishihara's novel "Season of the Sun," starring Hiroyuki Nagato and Yoko Minamida.
For me, it is one of my most memorable pieces, which I started practicing about 50 years ago and played as a soloist at a concert 12 years ago soon after I had re-started playing the guitar.
For many people, though, the first thing that comes to mind when they think of "raindrops" may be Chopin's Prelude No. 15.
続きを読む

2022年

6月

15日

ポケッタブルUVカットパーカー(3Dカット、防水、オレンジ)  Pocketable UV-cut hoodie (3D cut, waterproof, orange)

夏季のEバイク巡りや散歩の時に着用するために購入しました。
パーカーはメンズ用なのに試着モデルは若い女性です。
このような商品は男女共用可能なだからでしょう。
この写真が私の購入決定の要因ではありませんが。
I purchased this hoodie to wear on summer e-bike tours and walks.
The hoodie is for men, but the model trying it on is a young lady probably because such products can be shared by both men and women.
This picture is not a deciding factor in my purchase, though.
続きを読む

2022年

6月

14日

二週間のご無沙汰  Two Weeks Away

https://storys.jp/story/39139

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 4 Work and English (2)

4.4 Proof of English Proficiency

 

 

Serially posted in English every Tuesday.

 

 

Postscript.

Due to a problem with the submission site, I had to stop submitting manuscripts for two weeks, but I resume this week.

In the meantime, thank you to the 100-400 people who read my past manuscripts each day.

 

https://storys.jp/story/39139

イヤでも身につく”使える英語力”

 

4章 仕事と英語 (2)

4.4 英語力の証明

 

毎週火曜日に連載中

 

 

追 記

二週間の間投稿サイトの問題で原稿の投稿を中止していましたが、今週から再開します。

その間も毎日100名から400名の方々に過去の投稿をお読みいただきありがとうございました。

 


続きを読む

2022年

6月

13日

久しぶりのクラシックギターコンサート  Classical guitar concert in a while

昨日6月12日に三原市の芸術文化センター「ポポロ」で行われたコンサートです。
日本を代表するクラシックギタリストが4名も同時出演し、二重奏、二重奏x二重奏の演奏で、その個性、音色が融合した素晴らしいものでした。
会場が満員になったのも納得できました。
願わくば、女性ギタリストの異なった演奏の味が加味されれば、と思いました。
This concert was held yesterday, June 12, at the "Popolo" Arts Center in Mihara City.
Four of Japan's leading classical guitarists performed in duo and duo x duo, and the fusion of their personalities and tones was amazingly wonderful.
It was understandable that the venue was packed.
Hopefully, the female guitarists would have added a different flavor to their performances.
続きを読む

2022年

6月

13日

観光客受け入れ再開とリスクマネジメント  Reopening to tourists and risk management

今回の再開は添乗員付きの団体旅行に限定されていますが、やっと外国人観光客の受け入れが再開されたようです。
私が主宰している「英検1級有資格者ネットワーク in 日本」(メンバー数;130余名、)にも多くの通訳案内士有資格者がおられ、窮状はお聞きしていますので、一日も早い復旧正常化を希望しています。
ただ、実際には観光通訳業務再開は来年2023年の春当たりのからのようです。
個人のビジネスでもリスクマネジメントは非常に大切で、複数の異なった仕事分野を持つ必要があるでしょう。
Although the reopening is limited to escorted group tours, it seems that it has finally resumed.
There are many qualified guide interpreters in the "Eiken Level 1 Qualified People’s Network in Japan" (more than 130 members), which I preside over, and I have heard of their plight, so I hope that the situation will be restored to normal as soon as possible.
However, in reality, the resumption of tourist interpretation services is not expected until the spring of next year of 2023.
Risk management is very important even for a private business, and it is necessary for them to have several different fields of work.
続きを読む

2022年

6月

11日

ポタリング  Puttering

昨日、初めてテレビで見かけた言葉です。
ウィキペディアによれば、ポタリングは和製英語で、目的地を特に定めることなく気分や体調に合わせて周辺を自転車でめぐること、一人か家族連れや気の合う仲間で、近郊を「散歩」程度に軽くサイクリングすること、と記述してあります。
この定義に従えば、私のEバイク巡りはサイクリングよりもポタリングなのでしょう。
今日11日は雨模様でポタリングは無理なようですが。
I first saw this term on TV yesterday.
According to Wikipedia in Japanese, "Puttering" is a Japanese English word that refers to cycling around the neighborhood according to one's mood or physical condition, without a specific destination, or to a light "stroll" around the neighborhood, either alone or with a family or a group of like-minded friends.
Following this definition, my e-bike tours are probably more puttering than cycling.
Today, the 11th, it is raining, so pottering seems to be impossible.

2022年

6月

10日

おいしいトマト Delicious Tomatoes

この時期になると尾道市の岩子島で栽培され、個人名の名札を付けて販売されているトマトがおいしいです。
At this time of year, the tomatoes grown on Iwashijima in Onomichi city are sold with individual name tags.
They are delicious.
続きを読む

2022年

6月

09日

アクセスランキングとその効果  Access ranking and its effects

アクセスランキングとその効果:
仕事にはたいてい同業者がいて、お互いに切磋琢磨しながら競い合います。
尾道市の英会話教室のジャンルではKTK英会話は過去一年ほどずっと毎月一位にランクされています。
これは約一年ほど前から無料で掲載してもらっているサイトでの結果です。
結果は私にも不思議に思えるのですが。
添付写真は先月5月のランキング結果ですが、実際のアクセス数はお互いの名誉のために伏せています。
これまでにKTK英会話のアクセス数は多い時で三桁の時もありましたが、たいてい二桁の数字でした。
この結果で生徒さんの数が必ずしも増えているわけではありませんが、サイトを訪問していただいた方々に私が推奨する英語学習方法や事務所としての仕事内容を見ていただくきっかけになればよいのです。
KTK英会話;https://www.office-ktk.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%8C%87%E5%B0%8E/
Access ranking and its effects:
There are usually competitors in the business, competing with each other in friendly competition.
KTK Eikaiwa has been ranked first every month for the past year or so in the English conversation school genre in Onomichi City.
This is a result from a website that has been listing us KTK Eikaiwa for free for about a year now.
The result seems to be strange even to me.
The attached photo shows the ranking results for last month of May, but the actual numbers of accesses are withheld for our mutual honor.
In the past, the number of accesses to KTK English has been in the triple digits at times when it was high, but usually it was in the double digits.
This result does not necessarily mean that the number of students is increasing, but it should give visitors to the site chances to see my recommendations for learning English and what we do in our office.
KTK Eikaiwa; https://www.office-ktk.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%8C%87%E5%B0%8E/ 
続きを読む

2022年

6月

08日

緑のトンネルの向こう、散歩道(続き)  Beyond the Green Tunnel Path, Walking Path (continued)

ゆるやかな昇り勾配の緑のトンネル道を通り抜けた向こうは工業団地です。
その中央は人口の小川や植木で整備されており、私には散歩ルートの折り返し地点です。
Beyond the gently ascending green tunnel is an industrial park.
The center of it is maintained by a man-made stream and planted trees, and for me it is the turnaround point of the walking route.
続きを読む

2022年

6月

07日

6月最初の尾道無料英会話道場(OESS)例会  The first Onomichi Free English Conversation Dojo (OESS) meeting in June

先日、以下の日時、トピックで行われました。
OESS夕方コース、6月04日(土、19:00~)、「飛行機が飛ばない世界とは、どのようなものだろうか。」
地球温暖化ガス、二酸化炭素が飛行機により大量に排出されています。
コロナ禍で新しい日常が定着?し、人は無くても済ませることができるサービスや行動があることも多く学びました。
持続的開発目標に向かって人類はさらに努力を重ねる必要があるのでしょう。
私はアフリカ5か国に紹介した太陽光・熱による水加熱技術(95度摂氏まで)の実物サンプルを二酸化炭素を排出しない技術として紹介しました。(写真)
It was held as follows the other day.
OESS Evening Course, June 04 (Sat., 19:00-): What would a world without airplanes be like?
The large quantity of global warming gas of CO2 has been emitted by airplanes.
A new normal is established (?) by the Corona disaster and we have learned a lot about the services and actions that people can do without.
We will need to work even harder to meet the Sustainable Development Goals.
I presented the actual sample of solar light and thermal water heating technology (up to 95 degrees Celsius) as a technology that does not emit carbon dioxide, which I have introduced to five African countries. (Photo.)
続きを読む

2022年

6月

03日

フィッシング詐欺メール  Phishing Scam Emails

昨日、NHKからも注意喚起の放送がありました。
先日、友人からもNHKを装った詐欺メールが来た、との投稿がありました。
そして、私にも同様の詐欺メールが来ました。
信用力のある企業名、組織名でほぼ毎日のように詐欺メールは来ますが、今回のNHKを装ったものは一段と巧妙です。
メール内のリンク先にカーソルを当てなければ、その発信元アドレスが偽りだとはわかりません。
ただ、カーソルを当てて、クリックすると偽サイトに誘導されることになります。
今回も中国(CN)が発信地です。
記載されている電話番号も詐欺のための番号でしょう。
現在、世の中を色々と混乱させている国々としてはロシア、中国、北朝鮮などをまず挙げざるを得ませんね。
Yesterday, NHK also broadcasted a warning.
A few days ago, a friend of mine also posted that he received a scam e-mail purporting to be from NHK.
Then I received a similar scam email as well.
I receive many scam e-mails almost every day under the name of credible companies or organizationa, but the one purporting to be from NHK this time is even more sophisticated.
Unless you hover over the link in the e-mail, you cannot tell that the source address is a fake.
However, if you hover your cursor over the link and click on it, you will be directed to a fake website.
Again, the origin is in China (CN).
The phone number listed is also probably a number for the scam.
The countries that are now confusing the world in many ways must first be mentioned Russia, China, and North Korea.
続きを読む

2022年

6月

01日

定期的投稿の中断  Interruption of Regular Submissions

長い間、毎週火曜日と金曜日に自著の原稿を投稿するために利用していたサイトが機能不全に陥り、しばらくは復旧の見込みがないようです。
復旧を待ち、復旧しない場合は、投稿サイトを変更し再開する予定です。
最終投稿は以下のとおりです。
5月20日投稿分:https://storys.jp/story/39073 
5月24日投稿分:https://storys.jp/story/39088
The site where I have been using to post my own book manuscripts every Tuesday and Friday for a long time has become dysfunctional and is not expected to be recovered for some time.
I will wait for the site to be recovered, and if it does not, I will change the posting site to another one.
The latest post so far are as follows.
Posted on May 20:https://storys.jp/story/39073 
Posted on May 24:https://storys.jp/story/39088

2022年

5月

30日

クラシックギターコンサート in 三原  Classical Guitar Concert Information

来月6月12日に三原市の芸術文化センター「ポポロ」で行われるコンサートです。
現在、日本を代表するクラシックギタリストが4名も同時出演する貴重な豪華版です。
私も情報公開後にすぐにチケットを入手しました。
大変楽しみにしています。
詳細は以下のサイトにも掲載されています。
This concert will be held next month on June 12 at the "Popolo" Arts Center in Mihara City next to Onomichi City.
It is a gorgeous rare one featuring four of Japan's current leading classical guitarists performing at the same time.
I have obtained our tickets immediately after this information was released.
I am looking forward to it very much.
More details are also available at the following website

2022年

5月

27日

5月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会  Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of May

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、5月21日(土、19:00~):盲導犬の訓練を受ける子犬たち
2. OESS午前コース、5月26日(木、10:30~):世界最大級の野生動物用横断歩道が着工
午前のコースでは目の不自由な夫妻を助けている盲導犬以外にメンバーの身の回りで生活している(いた)動物たちの色々なエピソードが紹介されました。動物たちとの共生は人間の精神衛生上にも良い効果があるのでしょう。
午後のコースでは、偶然でしたが、午前コースと同様に日本とオーストラリアでの身の回りの野生動物、日常生活での彼らとの遭遇経験などを紹介し合い、その貴重性、危険性などを確認しました。
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, May 21st (Sat. 19:00~): Puppies Trained to Guide the Blind
2. OESS Morning, May 26th (Thurs. 10:30~): Largest wildlife crossing in the world breaks ground
In the morning course, in addition to a dog that has been helping the nearby blind couple, we members introduced various episodes of animals that live (or were living) around us. The coexistence with animals must have a positive effect on the mental health of human beings.
In the afternoon course, as in the morning course, it was coincident that the participants introduced the wild animals in their daily lives in Japan and Australia, and confirmed the preciousness and danger of these animals.
続きを読む

2022年

5月

26日

独立、起業   Independence, Starting a Business

不動産仲介会社勤務の若者が会社を退職し、個人で不動産業を起業するという理由で後任の社員と一緒に挨拶に来ました。
30歳に達していない彼には若さという武器があります。
ただ、同じ不動産業界での仕事となり、元の会社との競争になるのでしょうから、100パーセント手放しでは喜べません。
起業はできることなら前職の経験を活かしながらも、十分な準備(長い時間と内容吟味が必要ですが)をして異業種分野でのスタートが好ましい、と私でしたらアドバイスします。
以前勤務した会社と同じ仕事は避け、新しい仕事では元の会社に頼らないことが真に自立することであり、大変な困難を伴いますが、これが起業成功の第一歩だと私は思います。
A young man who works for a real estate brokerage firm recently came to greet me with his successor because he is leaving the firm and starting his own real estate brokerage business.
Being not yet 30 years old, he has the advantage of youth.
However, he will be working in the same real estate industry and will probably be competing with his former company, so I am not 100 percent happy to let him go.
If I were his counselor, I would advise him to start a business in a different field with sufficient preparation (long time and careful examination are necessary though), while making use of his previous experience if possible.
Avoiding the same work as your former one and not relying on your former employer for your new work is the first step to truly becoming independent and I believe this is the first step to entrepreneurial success although it is very difficult.

2022年

5月

25日

懐かしい通学路  A nostalgic way to go to school

中学生時代に自転車で通学していた道を約50年ぶりに当時のことを思い出しながら往復してみました。
その往復距離は約10キロ、所要時間は約40分でしたが、今回は電動アシスト自転車で、道路も舗装されており当時よりは随分と楽でした。
For the first time in about 50 years, I rode my bicycle back and forth along the road I used to take to school when I was a junior high school student, remembering what it was like back then.
The distance was about 10 km and the time required was about 40 minutes, but this time it was much easier than back then because I was riding an electrically assisted bicycle and the road has been paved.

2022年

5月

24日

人々との遭遇 Encounters with people

https://storys.jp/story/39088     

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 4 Work and English (2)

4. 3 People I met thanks to English

 

Serially posted in English every Tuesday.

https://storys.jp/story/39088     

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

4章 仕事と英語 (2)

4.3 英語のおかげで出会えた人たち

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

23日

佐木島  Sagijima

5月4日にご紹介したドクターヘリポートがある百島から離島医療の対象の一つである三原市の佐木島にドクターヘリが飛んでいるビデオ(7分)を偶然に見ました。
そこで、久しぶりに車とフェリーで訪れ、自転車で一周してみました。
百島よりはサイクリングしやすく、住んでいる人口もはるかに多いようです。
島はちょうどミカンの花の咲く時期で自転車でそばを通るとその甘い香りが充満していました。
I happened to see a video (7 minutes) of a doctor helicopter flying to Sagijima in Mihara city, one of the islands for a medical target, from Momoshima, where the doctor heliport I introduced on May 4 is located.
So, I visited there by car and ferry after a long time, and cycled around the island.
It is easier to cycle than Momoshima Island and seems to have a much larger population living there.
The island is now just in the blooming season of tangerines and their sweet scent filled the air as I cycled by.
続きを読む

2022年

5月

20日

芸は身を助く  Art brings bread.

https://storys.jp/story/39073

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 5 Parents of Setsuden-mushi

5.2 Profile of the Father of Setsuden-mushi

5.2.3 Founding an English language school and becoming an Eiken interviewer

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/39073

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

5章 節電虫の両親

5.2 父親の横顔

 

5.2.3 英語・英会話塾・英検面接試験官

 

 

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

19日

決定!月例集会で使用するエンディング曲  Decided! An ending song used for the monthly gatherings

ボランティアで毎月ギターの演奏している集会の主催者から毎回の集会の終わりに全員で歌える歌を探している、と言われました。
私は「今日の日はさようなら」を提案し、この曲が採用されました。
(森山良子、1967年、https://www.youtube.com/watch?v=YNQT68uHpyg...
歌いやすいメロディーに優しい詩で“それでは、次回、またね。”ということをお互いに伝え合うことができるでしょう。
この曲は息子がお世話になった幼稚園の育友会会長を私がしていた時に、卒園式でも卒園児が歌っていたことを覚えています。
この曲の練習と合唱にもギターで伴奏します。
The organizer of the meetings where I volunteer to play guitar every month asked me to find a song that we could all sing together at the end of each meeting.
I suggested "Good-bye for Today" and this song has been adopted as our ending song for the gatherings.
The easy-to-sing melody and gentle verses of the song "So long, see you next time." is a great way to tell each other, "So long, see you next time.
I remember this song being sung by the graduating kindergarteners at the graduation ceremony when I was the president of the PTA at the kindergarten where our son was taken care of.
I will also accompany the practice and chorus of this song on guitar.
続きを読む

2022年

5月

18日

5月前半の尾道無料英会話道場(OESS)例会  Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the first half of May

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、5月07日(土、19:00~):ブラジルの先住民コミュニティが恐れるウクライナの戦争の影響による違法鉱物採掘の脅威。
2. OESS午前コース、5月12日(木、10:30~):地域の環境と野生動物をサポートするために自生植物を植えよう。
前者ではブラジルを訪問したメンバー、将来訪問を希望するメンバーがその印象を述べました。依然として多くの問題を抱える?ブラジルに必要なのは政治改革はもちろん、その前に広い意味での教育が大切なのかもしれません。
後者ではゴールデンウィーク中の行動報告などで時間が費やされ、4月22日の「地球の日」にちなんで用意した資料に関するトークは再度、次回に持ち越されました。
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, May 7th (Sat. 19:00~): Brazil's indigenous communities fear mining threat over war in Ukraine
2. OESS Morning, May 12th (Thurs. 10:30~): Plant Native Plants to Support Local Environment, Wildlife
In the former session, members who have visited Brazil or wish to visit in the future expressed their impressions on Brazil. Still facing many problems?, what Brazil needs may be a political reform, but before that, education in a broader sense may be important.
In the latter session, the time was spent on how Japanese members spent the time during Golden Week and the Australian member during their trip in central Australia in the past week.
The talk on the materials prepared for "Earth Day" on April 22 was again carried over to the next meeting.
続きを読む

2022年

5月

17日

不可欠な道具 An essential tool

https://storys.jp/story/39063

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 4 Work and English (2)

4. 2 Necessity of English

 

Serially posted in English every Tuesday

 

https://storys.jp/story/39063

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

4章 仕事と英語 (2)

4.2 英語の必要性

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

16日

湯村温泉  Yumura Onsen

ゴールデンウィーク明けに兵庫県美方郡の湯村温泉・佳泉郷「井づつや」(https://www.izutuya.com/spa/spa1/)で久しぶりの温泉を楽しみ、大変満足しました。
「夢千代日記」の舞台で知られる閑静な、いで湯の町にあるすばらしい温泉宿でしたが、6種類の温泉すべてを楽しむことはできませんでした。
偶然ですが、この宿が天皇・皇后も宿泊された宿であったことを宿内の写真で知りました。
数年前に小笠原でも天皇・皇后も宿泊されたホテルに宿泊したのでこのような経験は今回が2回目です。
After the Golden Week holidays, we enjoyed a hot spring at "Izutsuzuya" (https://www.izutuya.com/spa/spa1/) of Yumura Onsen in Mikata-gun, Hyogo Prefecture for the first time in some years.
We were very much satisfied with their hospitality and facilities there.
It was a wonderful hot spring inn located in a quiet town of hot springs known as the setting of "Yumechiyo Nikki," but I was not able to enjoy all six types of hot springs.
By coincidence, I learned from a photo inside the inn that our Emperor and Empress had also stayed at this inn.
This was our second such experience, as we stayed at the same hotel where the Emperor and Empress had also stayed in Ogasawara a few years ago.
続きを読む

2022年

5月

13日

シルキー繊維 Silky fiber


続きを読む

2022年

5月

12日

楽譜希望依頼  Request for music sheet

趣味のギター演奏をユーチューブにアップし始めて10数年になります。
これらを聴いていただいた方から楽譜の購入依頼が時々あります。
今回はこれまでに35,000回以上も聴いていただいている「夜霧のしのび逢い」を聴いた方からの楽譜希望でした。
無償で差し上げてもいいのですが、私は購入したものですし、無償で入手した場合は簡単に練習をあきらめる場合も想定されます。
ということで、私と同じ趣味を継続していただきたい気持ちを伝えるためにも少しの金員をお願いすることにしています。
I have been uploading my hobby guitar performances to YouTube for more than 10 years. (https://www.youtube.com/user/KarlKamamoto)
Sometimes I receive requests for music sheet from the listeners who have listened to my performances.
This time, a person who listened to "La Playa (Yogiri no Shinobiai in Japanese)" requested the music sheet.
This one of my own play has been listened more than 35,000 times up to now.
I would be happy to give it to them free of charge, but that is the one I purchased, and I assume that they may easily give up practicing if they get it free of charge.
Therefore, I request a little money to express my desire for them to continue the same hobby as I do.
続きを読む

2022年

5月

11日

三部作、音楽の楽しみ方  三部作、音楽の楽しみ方

続きを読む

2022年

5月

10日

継続 Continuation

https://storys.jp/story/39028

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 4 Work and English (2)

4.1 Past and present study methods of mine

 

Serially posted in English every Tuesday.

https://storys.jp/story/39028

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

4章 仕事と英語 (2)

4.1 過去及び現在の勉強法

 

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

09日

ゴールデンウィーク後の外出  Outing after Golden Week

車での旅行時の渋滞を避けるために、ゴールデンウィーク終了後の今週前半、数日出かけることにしました。
コロナ禍でずいぶん時間が経過した現時点での義理の両親のお墓参り、親戚訪問と温泉旅です。
In order to avoid traffic jams when traveling by car, we have decided to go out for a few days in the the first half of this week after the end of Golden Week.
We will visit the graves of my in-laws, visit relatives, and take a trip to hot springs after a long time has passed due to the COVID-19 pandemic.

2022年

5月

07日

ゴールデンウィーク、芦田湖(八田原ダム)めぐり  Lake Ashida (Hattabara Dam) Tour during the Golden Week

車に自転車を乗せて久しぶりに新緑がまぶしい八田原ダムに行ってみました。
湖の周囲キロは20キロくらいでしょうが、その内の5キロくらいを自転車で巡ってみました。
国の管轄できれいに整備されており、エレベーターでダムの下に降りることができます。
広い湖面ですから、可能なら遊覧船があればと思います。
孫が来たら連れて行ってやりたいと思います。
I put my bicycle in the car and went to Hattabara Dam after a long time, which was dazzling with fresh green.
I guess the lake is about 20 kilometers in circumference, and I cycled around 5 kilometers of it.
The dam is beautifully maintained under the jurisdiction of the national government, and an elevator takes us down to the bottom of the dam.
It is a large lake, so I wish there are sightseeing boats if possible.
I would like to take our grandchildren there when they come.
続きを読む

2022年

5月

06日

自作 My own making

https://storys.jp/story/39024

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 5 Parents of Setsuden-mushi

5.2 Profile of the Father of Setsuden-mushi

5.2.1 Self-made timers

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/39024

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

5章 節電虫の両親

5.2 父親の横顔

 

5.2.1 自作タイマー

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

05日

ゴールデンウィーク、恒例の鳴滝山めぐり  Annual visit to Mt. Narutaki during the Golden Week


続きを読む

2022年

5月

04日

ゴールデンウィーク、再びの百島めぐり  Momo-shima tour again during the Golden Week

続きを読む

2022年

5月

03日

仕事と英語 English for Job

https://storys.jp/story/39008

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.8 Technical Translation and Interpretation

 

Serially posted in English every Tuesday.

https://storys.jp/story/39008

 

イヤでも身につく”使える英語力”

3章 仕事と英語 (1)

 

3.8 技術翻訳と通訳

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

5月

02日

4月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会  Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of April

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、4月16日(土、19:00~):プラスチックカップはもういらない-スターバックス・ジャパンが新たな取り組みで店舗のプラスチックを撤廃
2. OESS午前コース、4月28日(木、10:30~):地域の環境と野生動物をサポートするために自生植物を植えよう
前者では残された少ない時間内で、事前に読んでいた記事内容についてプラスチックの使用減量は海洋汚染の減少に寄与でき、処分量が減少すれば地球温暖化防止にも寄与するとの考えが示されました。
後者ではオーストラリアからのメンバーの帰国時の出来事、PCRテスト、メンバーのこれから夏にかけての旅行計画から飛行機のエコノミークラスとビジネスクラスの経験談などで時間が費やされ、4月22日の「地球の日」にちなんで用意した資料に関するトークは次回に持ち越されました。
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, April 16th (Sat. 19:00~): No more plastic cups — Starbucks Japan to get rid of plastic in stores with new initiatives
2. OESS Morning, April 28th (Thurs. 10:30~): Plant Native Plants to Support Local Environment, Wildlife
In the former session, though the time was limited, the participants discussed the articles that they had read in advance, and showed the ideas that reducing the use of plastics would contribute to the reduction of marine pollution and the decrease in the amount of disposed plastic would also contribute to the prevention of global warming.
In the latter session, the time was spent on the happenings upon the members' return to Australia, PCR tests, the members' travel plans for the coming summer, and their experiences in economy class and business class on airplanes.
The talk on the materials prepared for "Earth Day" on April 22 was carried over to the next meeting.
続きを読む

2022年

4月

29日

横顔 Profile

https://storys.jp/story/38999

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 5 Parents of Setsuden-mushi

5.2 Profile of the Father of Setsuden-mushi

 

Serially posted in English every Friday.

 

https://storys.jp/story/38999

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

第5章 節電虫の両親

5.2 父親の横顔

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

28日

一級小型船舶操縦士免許 First Class Small Boat Pilot License

知床で起きた悲惨な遊覧船遭難事故で使用されていた大きさの船舶(19トン以下)を操縦できる海技免許です。
私も30年ほど前に取得し、操船は可能ですが、海での経験も知識もないので多くの人を乗せた船の操船は不可能です。
This is a maritime license to operate a vessel (19 tons or less) of the size used in the tragic sightseeing boat accident that occurred in Shiretoko.
I obtained this license about 30 years ago, and although I can operate a boat, it is impossible for me to operate a boat with many people on board because I have no experience or knowledge of the sea.
続きを読む

2022年

4月

27日

一日の閲覧数 Daily number of Views

ここ数年ですが、二つの自著を英語でインターネット上に毎週2回、火曜日と金曜日に定期的に投稿発信しています。

これらはいずれもノンフィクションで2010年くらいまでの私自身の経験を元に執筆したものです。
一つは節電技術の開発に関する内容、もう一つは英語力習得に関するものです。
閲覧数は時間経過とともに徐々に増加し、現在では基本的な閲覧数が一日あたり150~200名です。
一週間単位で見ると最高閲覧者数が一日あたり約400名に達する日があります。
Daily number of Views:
For the past few years, I have been regularly posting two books of my own writing in English on the Internet twice a week, on Tuesdays and Fridays.
They are both non-fiction and based on my own experiences up to about 2010.
One is about the development of electricity-saving technology and device, and the other is about learning English.
The number of views has gradually has increased as time passes, and now the basic number of views a day is between 150 and 200.
On a weekly basis, the highest number of visitors reaches about 400 per day on some days.

2022年

4月

26日

仕事に生かす資格  Qualifications for work

https://storys.jp/story/38985

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.7 English Language Qualifications

Serially posted in English everyTuesday. 

 

 

 

https://storys.jp/story/38985

イヤでも身につく”使える英語力”

 

3章 仕事と英語 (1)

3.7 英語資格

 

毎週火曜日に連載


続きを読む

2022年

4月

25日

ハナミヅキ  Dogwood tree

サクラの後、我が家のハナミズキが満開です。
孫の誕生記念に植えたものですが、その孫も中高一貫校の入試を経験して、現在は千葉中学校高等学校の中3生。
コロナのためにお互いの往来は難しい数年が過ぎましたが、元気に学校生活を送っっていることでしょう。
After the cherry blossoms, our dogwood has its white blossoms in full bloom.
We planted it to commemorate the birth of one of our grandchildren, who is now in the 3rd grade at Chiba Junior and Senior High School after passing the entrance exam for the school.
It has been a few years since we last saw each other, but we are sure he has been doing well in school.

2022年

4月

22日

電子化 Electronization

https://storys.jp/story/38968 

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 5 Parents of Setsuden-mushi

5.1 Mother, a waste of NTT products

5.1.1 The Merits and Demerits of Electronization of Analog Devices

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38968 

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

5章 節電虫の両親

5.1 母親はNTT廃棄物

5.1.1 アナログ機器の電子化の功罪

 

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

21日

E バイクで2題  Two short E-bike cyclings

暖かく、天気の良い日のショッピングをeバイクにしてみました。(往復約7キロメートル)
尾道は坂道が多いために自転車には優しくない?町かもしれませんが、eバイクならほとんど気になりません。
ただ重い荷物を前輪の上の籠に入れると、ハンドルを取られ不安定になり、車の多い道でのでの走行には注意が必要です。
もう一つは広島空周辺を散策してみました。(往復約6キロメートル)
空港近くには有料のサイクリングコースが整備されていますが、今回は一般道路で側道が整備されているルートと周辺のリゾート施設周辺が散策の対象でした。
空港近くまで車でeバイクを運び、そこからパーク&ライドでした。
I went shopping on an E-bike on a warm, sunny day. (About 7 km round trip)
Onomichi may not be a good place to ride a bicycle because of its many hilly slopes, but with an E-bike, it hardly matters.
However, if you put heavy luggage in the basket above the front wheel, it will make your bike unstable.
We also have to be careful when riding a bicycle on the road with many cars running.
The other was a riding around Hiroshima International Airport. (About 6 km round trip).
There is a paid cycling course near the airport, but this time I took a route on a public road with side roads and around resort facilities in the vicinity.
I carried my e-bike by car to near the airport, and from there it was park-and-ride.
続きを読む

2022年

4月

19日

独立と資格 Qualifications for independence

https://storys.jp/story/38957

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.6 Starting a Business with English, Independence and Qualifications, Achieving Your Dreams

 

Serially posted in English every Tuesday

 

 

https://storys.jp/story/38957

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

3章 仕事と英語(1)

3.6 英語で起業、独立と資格、夢の実現

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

18日

4月前半の尾道無料英会話道場と英検1級有資格者ネットワワークの月例会 Meetings of Onomichi Free English Speaking Society and Monthly Eiken Level 1 Network in Japan in Japan

以下の日時、トピックや内容で行われました。
1. OESS夕方コース、4月02日(土、19:00~):自尊感情を高めるには
2. OESS午前コース、4月07日(木、12:00~):特別例会、ティムさん・ティナさん夫妻と花見昼食会
3. E1N月例会、4月09日(土、20:00~):もしも高校4年生があったら、英語を話せるようになるか。
4. OESS午前コース、4月14日(木、10:00~):特別例会、ティムさん・ティナさん夫妻の家見学とレストランでの昼食会
They were held on following dates with each talking topic or content.
1. OESS Evening, April 2nd (Sat. 19:00~): Raising low self-esteem
2. OESS Morning, April 7th (Thurs. 10:30~): Special meeting, cherry blossom viewing and lunch with Tim and Tina
3. E1N monthly meeting, April 9th (Sat. 20:00~): If we had a senior year in high school, would we be able to speakEnglish?
4. OESS Morning, April 14th (Thurs. 10:00~): Special meeting, tour of Tim and Tina’s house and lunch in a restaurant
続きを読む

2022年

4月

15日

発明者 Inventor

https://storys.jp/story/38949

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 5 Parents of Setsuden-mushi

5.1 Mother, a waste of NTT products

 

Serially posted in English every Friday

https://storys.jp/story/38949

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

5章 節電虫の両親

 

5.1母親はNTT廃棄物

 

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

13日

再開、もう一つの月例会  Reopening of one of the other monthly gatherings

昨年12月にやっと再開したにもかかわらず、今年初めから再度閉会していたシニア向けの毎月の集まりが16日(土曜日)再開されることになり、その通知が来ました。
その会では音楽でも時間を楽しんでいただくということで、私が比較的に若い(?)シニアとして毎回数曲を演奏することになっています。
今回は多くの方が知っていると思われ、歌うこともできる2曲、「故郷」と「瀬戸の花嫁」を選び、一緒に歌っていただけるように演奏します。
過去に演奏した録音をベースにして、メロディー部分や伴奏部分を私がさらに補足して演奏する形で全体の音量を確保します。
通知から演奏まで4日ですが、演奏楽譜のアレンジと練習、そして装置の準備としてスマホへの楽曲転送や新しいスマホとスピーカーのブルートウース接続などが必要です。
I have received a notice that our monthly gathering for seniors, which finally resumed last December but was closed again earlier this year, will resume on Saturday, on April the 16th.
We would like them to enjoy their time also with music in the gatherings, and I am supposed to play a few music pieces each time as a comparatively young (?) senior.
This time I have chosen two pieces of music with songs that I think many of them are familiar with, "Hometown" and "Bride of Seto" and I will play them for them to sing along with.
I will use the recordings I have performed in the past to ensure the overall volume of the performance. And I will supplement the melody and accompaniment parts of the songs.
It is only 4 days from notification to performance. Arranging and practicing the performance score and preparing the equipment will require some time. They are transferring the music to my smartphone, establishing the blue tooth connection between my new smartphone and the speakers and so on.
続きを読む

2022年

4月

12日

海外生活  Living abroad

https://storys.jp/story/38932

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.5 First experience of living as a student abroad

 

Serially posted in English every Tuesday.

https://storys.jp/story/38932

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

3章 仕事と英語(1)

3.5 初めての海外での学生生活

 

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

09日

NHKテレビ番組テーマへのコメント投稿  Submission of comments on TV program themes

NHK広島の夕方番組「広島お好みワイド」での企画「転勤」にコメントを投稿しましたら、氏名を伏せて添付動画のようにその内容紹介の開始時に使用されました。(4月8日)
この短く要約されたコメント内容は私の人生の一面です。
次のステップは新番組「コネクト」での採用か否かですが、どうなるか今の段階では不明です。
I posted my comment on the project "Job Transfer" in NHK's evening program "Hiroshima Okonomi Wide" and it was used at the beginning of the introduction of its video content as shown in the attached video without my name (as of April 8th).
The content of the summerised short comment is one aspect of my life.
The next step is whether or not it will be used in the new program "Connect", but it is unclear at this stage what will happen.
続きを読む

2022年

4月

07日

変更FBカバー写真の説明  Description of the changed FB cover photo

続きを読む

2022年

4月

06日

5Gスマホへ   To the 5G phone

3年半ほど使用していたスマホが不注意で大破して使用不可能になりました。
急いで大破した日の翌日に機種変更契約が可能な店舗を見つけ、新しいスマホにしましたが、否応なく5Gスマホしか契約できませんでした。
インターネット通信環境の速いスピード変化を実感しました。
My phone, which I had been using for three and a half years, was inadvertently wrecked and rendered unusable.
I hurriedly found a store where I could sign up for a new phone the day after the wreck, but undeniably I had to only sign up for a 5G phone.
I have realized how fast the speed of the Internet communication environment changes.
続きを読む

2022年

4月

05日

初めてのフライト  The first flight

https://storys.jp/story/38895

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.4 Retirement before my age of 30, Studying at SDSU

 

Serially posted in English every Tuesday.

https://storys.jp/story/38895

イヤでも身につく”使える英語力”

 

3章 仕事と英語(1)

3.4 30歳前の退職、SDSU留学

 

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

4月

03日

枝垂桜   Shidare cherry blossoms

続きを読む

2022年

4月

01日

発電方法  Power generating methods

https://storys.jp/story/38878

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.5 Standby Power Consumption

4.5.2 Electricity Generating Methods

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38878

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

4章 節電虫の誕生

4.5 待機電力消費量

4.5.2発電方法

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

3月

31日

3月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会  Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of March

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、3月19日(土、19:00~): Alanna Shaikh, アルツハイマーへの準備の仕方
2. OESS午前コース、3月24日(木、10:30~): Alanna Shaikh, アルツハイマーへの準備の仕方
避けようのない病気の一つ、アルツハイマー病への対処の仕方として、Alanna Shaikhのプレゼンがその内容でしたが、彼女の心構えの一つは「良い人間」になること、でした。メンバーからは身近な例が報告されました。
後者の例会でも同じ内容をトークの資料、テーマにしていましたが、メンバーからのニュースと質疑とオーストラリアからのメンバーの来日(尾道訪問と滞在)への準備と計画作りに時間が費やされました。
They were held on following dates with each talking topic.
1. OESS Evening, March 19th (Sat. 19:00~): Alanna Shaikh, How I'm preparing to get Alzheimer's
2. OESS Morning, March 24th (Thurs. 10:30~): Alanna Shaikh, How I'm preparing to get Alzheimer's
Alanna Shaikh's presentation was about how to cope with Alzheimer's disease, one of the inevitable diseases, and one of her preparations was to be “a good person”. Some of the members reported the cases they know.
In the he latter meeting, the same material and theme for the talk as the morning course was prepared, but most of the time was spent on the news and questions from each member and on the plan of the visit by a member from Australia to Japan (to visit and stay in Onomichi).

2022年

3月

30日

3月のeバイクツアー E-bike rides in March 

比較的暖かかった3月第3週に4回の短距離一人eバイク乗りを楽しみました。
その内の一回は3月17日(木)の白竜湖(三原市)巡りでしたが、現場まではeバイクを車載して運びました。
I enjoyed my independent short e-bike rides 4 times in the relatively warm third week of March.
One of these was a tour around Lake Hakuryu (in Mihara city) on Thursday, March 17after carrying it to the site in a car.
続きを読む

2022年

3月

29日

栄枯盛衰  Ups and downs

続きを読む

2022年

3月

28日

ソフトクリーム   Soft serve ice cream

春にもなり、ソフトクリームがよりおいしい季節になりました。
ところが、先日、私が利用していた店に行くとが土日と祝日だけの営業との張り紙が出ていました。
コロナ感染による客足減少が理由でしょう。
Spring has come, and it's time to taste soft-serve ice cream even better.
The other day, however, I went to the store I used to go, finding a sign saying that they open the shop only on weekends and holidays.
I assume the reason for this may be the decrease in the number of customers due to the COVID-19 pandemic.

2022年

3月

24日

駐日大使の顔と態度   Faces and Attitudes of Ambassadors to Japan

ロシアのウクライナへの武力侵攻に伴って現在の駐日ロシア大使の顔をテレビで見る機会が増えました。
実に横柄な振る舞いが目立ちます。
日本の外務大臣との面談でもふんぞり返って受け答えをしています。
内容は言わずもがなです。
私はこれまでに5か国の駐日大使の方々にお目にかかり話をしたことがありますが、ロシア大使ほどふんぞり返って話をする大使には会ったことはありません。
ビジネスマンにも同様な接客態度をとる人が時々いますが、私はすぐに次回の話し合いは自分から中止することにしています。
With Russia's armed invasion of Ukraine, we have had more opportunities to see the face of the current Russian Ambassador to Japan on TV.
His arrogant behavior is indeed conspicuous.
He was talking even with Japan's Minister of Foreign Affairs with a lot of arrogance.
The content of his talk goes without saying.
I have met and talked with the ambassadors to Japan from five different countries, but I have never met an ambassador who talked with as much arrogance as the Russian ambassador.
I have met some businessmen who sometimes had the same attitude, but I myself usually immediately cancel the next talk with them.
続きを読む

2022年

3月

23日

東京の電力不足危機   Tokyo's Power Shortage Crisis


続きを読む

2022年

3月

22日

英語での報告 Reporting in English

How to acquire English skills even if you don’t want to.
Chapter 3 Work and English (1)
3.2 Reporting the research work in English at the Research Institute
Serially posted in English every Tuesday.
イヤでも身につく”使える英語力”
第3章 仕事と英語(1)
3.2研究所での英語による業務報告
毎週火曜日に連載中

2022年

3月

21日

イマジン  Imagine

ご存じの通り、ジョンレノンの有名な曲の一つです。
美しいメロディーに現在の世界の憂いを予言したような詩が載せられています。
NHKのピアノ演奏プログラム、街角ピアノ、空港ピアノ、駅ピアノなどでも世界の多くの人が演奏しているのを見ます。
そこで、私もピアノの伴奏でこれをギターソロで弾くためにカラオケ音源を作りました。
カラオケPR用動画:https://youtu.be/q5nGmJ4WHUQ 
もちろん、ギター以外の楽器、あなたの声でもOKです。
As you know, this is one of John Lennon's most famous songs.
It has a beautiful melody with a poem that seems to have predicted the gloom of the world today.
You can see many people all over the world playing it on NHK's piano performance programs, street corner pianos, airport pianos, station pianos, and so on.
So I also have made a karaoke soundtrack to play this on a guitar solo with piano accompaniment.
Video for Karaoke PR: https://youtu.be/q5nGmJ4WHUQ  
Of course, instruments other than guitar and your voice are also acceptable.
続きを読む

2022年

3月

18日

節約 Saving

https://storys.jp/story/38779
Wow! Here comes Setsuden-mushi.!
Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi
4.5 Standby Power Consumption
4.5.1 (1) Amount of electricity to be saved
Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38779

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!
第4章 節電虫の誕生
4.5 待機電力消費量
4.5.1 (1) 節約可能量
毎週金曜日に連載中

続きを読む

2022年

3月

17日

3月前半の尾道無料英会話道場(OESS)と英検1級有資格者ネットワーク(E1N) in 日本の月例会  Meetings of Onomichi Free English Speaking Society (OESS) and Monthly Eiken Level 1 Network (E1N) in Japan i


続きを読む

2022年

3月

16日

手放せないコンピューターソフト、ウィンドウズ ムービー メーカー Windows Movie Maker, a computer software I can't let go of

このソフトは以前のウィンドウズパソコンには無料で添付されていましたが、現在は添付されておらず、有料化されています。
2年ほど前に新しいパソコンにしましたが、このソフトは古いパソコンでの使用を余儀なくされ、その遅い処理スピードにいらいらしていました。
ところが先日、ある英語のサイトでこのソフトが無料で配布されていることを発見し、成功裏にダウンロードできました。
このソフトは無料でシンプルで使い勝手が良く、使い慣れていますので新しいコンピュータでも今後も大事に使います。
新しい、有料ソフトが必ずしも良いソフトとは限りません。
This software used to be installed free with the previous windows computers, but is no longer installed and is now paid for.
I got a new computer about 2 years ago, but I have been forced to use this software on my old computer and was frustrated by its slow processing speed.
However, the other day I discovered that this software is distributed free of charge on an English website and have been able to download it successfully.
This software is free, simple, easy to use, and I am familiar with it and will continue to use it on my new computer.
Newer, paid-for software is not necessarily better one.
続きを読む

2022年

3月

16日

情報収集 Information gathering

https://storys.jp/story/38755

 

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

3.1 Gathering information on overseas technical magazines

Serially posted in English every Tuesday.

 

イヤでも身につく”使える英語力”

3章 仕事と英語(1)

3.1海外文献情報収集

毎週火曜日に連載中


2022年

3月

14日

Eバイクの初乗り  First Ride on the E-Bike

昨日、3月13日は20度くらいで暖かかったので今年のeバイクの初乗りで家から旧市内を巡ってみました。
時間にして約1時間、距離数は10キロ強でした。
途中でオーストラリア人ご夫婦が尾道に所有している家に外からの様子をチェックするために立ち寄りました。
その結果は写真で連絡しておきました。
Yesterday on March 13, it was warm, about 20 degrees Celsius, so I took my e-bike for its first ride around the old city from my house this year.
It took about one hour and the distance was a little over 10 kilometers.
On the way, we stopped to check out a house owned by an Australian couple in Onomichi from the outside and sent them the photos soon after that.

2022年

3月

12日

満室御礼、KECビル   Thanks for fully occupied rooms, KEC Building

全5室の小さな賃貸用の建物ですが、おかげさまで全室を使用していただく状況になりました。
ご利用契約者(社)は不動産会社からの紹介ではなく、私自身のネットワークでの知人です。
管理の一部は不動産会社にお願いしていますが。
この嬉しい状況で、コロナ禍収束後に最後の一室での開設を予定していました「ミュージックカフェ」計画は中止します。
It is a small building with five rooms for rent, but all the rooms have now been being used.
The tenants are acquaintances from my own network, not introduced ones from real estate companies.
We have asked real estate companies to manage some of the rooms, though.
Under this happy circumstances, I have canceled our plan to open a "music café" making use of one last room after the Corona disaster is resolved.
続きを読む

2022年

3月

11日

待機電力  Standby power

https://storys.jp/story/38732

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.5 Standby Power Consumption

4.5.1 Amount of generated and  saved electricity

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38732

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

4章 節電虫の誕生

4.5 待機電力消費量

4.5.1 発電量と節電量

 

毎週金曜日に連載中


2022年

3月

10日

クラシックギター、1人二重奏  One-person duet on the classic guitar 

コロナ禍などのために長い間所属していたギタークラブでの練習や演奏を止めた後、今年2022年からは一人での重奏の練習を継続しています。
これまでにソロ演奏していた曲を第一ギターのパートとし、第二ギターのパートの楽譜を探し、これまでの自分の演奏の録音やネット上で探したソロ演奏音源に合わせて重奏の練習し、地域での集まりで演奏をします。
第二ギターの楽譜は異なった編曲のものが見つかることがありますので、同じ第一ギター楽譜との重奏でも雰囲気の異なった重奏曲が楽しめます。
重奏によって音量的には倍増しますし、音楽的には第一ギターと第二ギターの心地よい音のハーモニーが楽しめます。
1人重奏では一曲で数倍もの練習が必要ですが、それも音楽の楽しみ方の一つです。
現在、取り組んでいる楽曲は以下の5曲ですが、これら以外にほとんど毎回、練習を繰り返す楽曲が「アルハンブラの思い出」です。
そしてこれらのいくつかはソロ演奏として私のユーチューブサイト(http://www.youtube.com/user/KarlKamamoto)にアップしてあります。
1. 月 光(Estudio、Fernando Sor、1778 – 1839、スペイン)
2. 舟 唄(Barcarole、Napoleon Cost、1805 – 1883、フランス)
3. ロマンス(Romanze、Johann Kaspar Mertz、1806 – 1856、ハンガリー)
4. 雨だれ(Rain Drops、George. C. Linsey、1855 – 1945、アメリカ)
5. エチュード(Estudio、Napoleon Cost、1805 – 1883、フランス)
After I stopped practicing and performing at the guitar club I had belonged to for a long time due to the Corona pandemic and for other reasons, I have now been practicing one-man guitar playing by myself this year 2022.
I use the music I have played solo before as the first guitar part, and find the music note sheets as the second guitar part on the website to practice and perform the duet or the trio by myself at the local gatherings.
Sometimes I can find different arrangements of the second guitar score, so I can enjoy different kinds of duet with the same first guitar score.
The overlapping of the two guitars doubles the volume, and musically they provide a more pleasant harmony.
A one-man duet or trio requires a few times as much practice as a solo play, but that's also one of the ways to enjoy music.
I have currently been working on the following five music pieces, and besides these, the piece I practice almost every time is "Recuerdos de la Alhambra (Memories of Alhambra)".
Some of these have been uploaded at my Youtube site of http://www.youtube.com/user/KarlKamamoto. 
1. Moonlight (Fernando Sor, 1778 - 1839, Spain)
2. Barcarole (Napoleon Cost, 1805 - 1883, France)
3. Romanze (Johann Kaspar Mertz, 1806 - 1856, Hungary)
4. Rain Drops (Rain Drops, George C. Linsey, 1855 - 1945, USA)
5. Estudio (Napoleon Cost、1805 – 1883、France)
続きを読む

2022年

3月

09日

狂ったプーチンと核、最悪のシナリオ、ロシアの本性   Insane Putin and Nukes, Worst-Case Scenario, Russian Nature

毎日、ロシアの侵略戦争によるウクライナでの悲惨な状況が報じられています。
ロシアの本性である裏切りと弱い者いじめは二次大戦終戦時の日本領土略奪以来全く変わっていません。
この最悪のシナリオはウクライナの抵抗によりロシアが発電所を含む核施設への攻撃と破壊をして大惨事を引き起こすことです。
仮に核施設の破壊は敗北が濃厚になったウクライナが行うことがあっても、それもロシアの責任です。
結果的にはそれによってNATO諸国の結束、防衛的反撃がロシアを敗戦に導き、ロシアの解体につながります。
人間は、特にプーチンは愚かですから、70年以上も前の広島と長崎の核による惨劇は彼にとっては全くの無関心事です。
プーチンは自らがそれ以上の惨劇を引き起こし、彼自身が悲劇(自殺、他殺、処刑)の主役にならなければその愚かな行動は止まらないでしょう。
そして、ウクライナ破壊の賠償、修理、人心回復はこれから長い間ロシア人が負う責任です。
Every day we have been informed of the dire situation in Ukraine caused by Russia's war of aggression.
Russia's true nature of treachery and bullying of the weak has not changed at all since the looting of Japanese territory at the end of World War II.
The worst-case scenario in the current Russian war of aggression against Ukraine is that Ukrainian resistance causes Russia to attack and destroy nuclear facilities, including power plants, and cause a catastrophe.
Even if the destruction of the nuclear facilities might be carried out by Ukraine in the event of a deepening defeat, that too would be Russia's responsibility.
Consequently, this will lead to the unity of NATO countries and a defensive counterattack that will lead to Russia's defeat and the dismantling of Russia.
People, especially crazy Putin, are stupid, so the nuclear tragedy of Hiroshima and Nagasaki over 70 years ago is of no concern to him at all.
Putin will not stop his foolish behavior unless he himself causes a greater tragedy and becomes a leading figure in his own tragedy (suicide, murder, execution).
And it is the Russians’ responsibility for a long time to compensate, repair, and restore the hearts and minds of the people of Ukraine's destruction.
続きを読む

2022年

3月

08日

英語の果実  Fruits of English

https://storys.jp/story/38712

 

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 3 Work and English (1)

-The fruits of the English language are available to all. -

 

Serially posted in English every Tuesday.

 

 

https://storys.jp/story/38712

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

3章 仕事と英語(1)

-誰でも得られる英語の果実-

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

3月

07日

先進国内での地位低下 Decline in Status within Advanced Nations

日本人が直面する「先進国内の地位低下」。
歴代の総理大臣、特に日本の地位低下が始まった2000年前後以降の総理大臣は何をしてきたのだろう。
この時期、2000年前後は私自身は省エネ技術、製品の開発、生産、販売と、それらを日本語と英語で広報、周知することに懸命でした。
Japanese Face "Decline in Status within Advanced Nations".
I wonder what the successive prime ministers have done, especially since around 2000
when Japan's status began to decline.
During this period, around the year 2000, I personally worked hard to develop, produce, and sell energy-saving technologies and products, and to publicize and disseminate them in both Japanese and English.
続きを読む

2022年

3月

04日

技術講演   Technical lecture

https://storys.jp/story/38686 

 

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.4 COP3 (Kyoto Conference on Global Warming Prevention)

4.4.4 Technical Lecture - Science Forum –

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38686

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

4章 節電虫の誕生

4.4 COP3(地球温暖化防止・京都会議)

 

4.4.4 技術講演 サイエンスフォーラム -

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

3月

03日

アレルギー性鼻炎の季節  Allergic Rhinitis Season

天気予報でも報じられているように花粉症の季節です。
20歳代に始まった私の花粉症は長い間、飲み薬による対処療法で対処しています。
今年も昨日いつもの薬を処方してもらい服用を開始しました。
As reported in the weather forecast, it's now a hay fever season.
My hay fever started when I was in my twenties, and for a long time, I have been coping with it by taking medication.
This year, too, I got a prescription for my usual medicine yesterday and started taking it.
続きを読む

2022年

3月

02日

2月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会  Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of February

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、2月19日(土、19:00~): 沈没、汚染、そして移転するインドネシアの首都
2. OESS午前コース、2月24日(木、10:30~): バタフライ効果はあなたが考えているようなものではありません。
前者については首都移転が遅々として進まない日本に対して、インドネシアの計画実施には賛同、うらやましさもあるとの考えもありました。
後者ではメンバーからのニュースと質疑で会が終了し、トピックは次回に持ち越されました。
They were held on following dates with each talking topic.
1. OESS Evenign, Feb. 19th (Sat. 19:00~): Indonesia's capital is sinking, polluted and now moving
2. OESS Morning, Feb. 24th (Thurs. 10:30~): The butterfly effect is not what you think it is
As for the former, there was support for Indonesia's plan and envy for Japan's slow progress in relocating its capital.
In the latter, the meeting ended with news and questions from the members, and the topic was carried over to the next meeting.
続きを読む

2022年

3月

01日

努力なしの進歩なし  No progress without efforts

https://storys.jp/story/38658  

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 2. My method of studying English unaided

2-4 How to study in your 40s (interpreted as how you study for the further next 10 years)

Serially posted in English every Tuesday.

 

https://storys.jp/story/38658 

 

イヤでも身につく”使える英語力”

 

2章 私の英語無手勝流勉強法

2-4 40歳代の勉強方法(更に次の10年の勉強方法)

 

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

2月

28日

悪魔の悪行、盗人・強盗・殺人行為  The devil’s misdeeds of thievery, robbery, and murder

続きを読む

2022年

2月

25日

技術論文  Technical Paper

https://storys.jp/story/38633 

 

Wow! Here comes Setsuden-mushi.!

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.4 COP3 (Kyoto Conference on Global Warming Prevention)

4.4.3 Contribution of Technical Paper - Electronic Technology, March 1998 –

 

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38633 

 

わっ! 節電虫(益虫)が飛んできた!

4章 節電虫の誕生

4.3 省エネ大賞

4.4 COP3(地球温暖化防止・京都会議)

4.4.3 技術論文の寄稿 -電子技術、19983月号-

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

2月

24日

オリンピック、多くの矛盾と問題  Olympics with many contradictions and problems

オリンピックには、さまざまな矛盾や問題があります。
北京オリンピックでもドーピング問題や変な判定が生じました。
ルールを遵守してフェアなプレイをしている多くの選手には気の毒です。
近代オリンピックは、スポーツの祭典と定義しながらも、政治化、商業化が進み過ぎ、IOC委員へのブラックマネーや関係者への賄賂、関係者自身の利益追求が発生するようになってしまいました。
東京オリンピックと北京オリンピックでも国の指導者たちはそれを自身の権力基盤の維持増大に利用しています。
オリンピックは平和的な祭典と定義されているが、世界のどこかで紛争や戦争が続いているにもかかわらず、それらには構わずに開催されています。
現在のオリンピックは競技数が多すぎるため、開催期間が長くなりすぎ、小国が開催するには財政的な負担が大きくなりすぎています。すべての面でスリム化を図るべきです。
オリンピックを開催する権利は、どの国も同じで平等です。初開催を希望する国があれば、すべての国が2回以上の開催を控えるべきでしょう。
その意味でも、日本はもう今後長い間、オリンピックを開催する必要はないでしょう。
There are many contradictions or problems with the Olympics.
The Beijing Olympics also had doping problems and strange decisions.
I feel sorry for the many athletes who abide by the rules and play fair.
The modern Olympics have been too much politicalized and too much commercialized though it is defined as the sport festivity, which leads to the black money to IOC members or the bribes to the related people.
In both the Tokyo and Beijing Olympics as well, national leaders used it to maintain and increase their own power base.
It is defined as the peaceful festivity, but it has been hosted regardless the ongoing wars in some places in the world.
The Olympics now have too many games, which leads to too long a hosting period and too big a financial burden for the small countries to host it. They also should try to slim all of these.
Each country has the same and equal right to host the Olympics so that all countries should refrain from hosting it more than twice if some countries want to host it for the first time.
For this reason as well, Japan does not have to host the Olympics anymore for a long time to come.
続きを読む

2022年

2月

23日

ツーショット  A two-shot

我が家の庭でのメジロとシジュウカラです。
お互いにペアで来るのが普通ですが、この日はそれぞれ一匹ずつで同じ餌台でお見合い?
先日はシジュウカラに似ていますが、喉元が黒くない鳥の10匹くらいの集団(ウソのメスの集団?)が飛来しましたが、餌台の「はるか」には関心がなかったようでした。
It is a picture of a white-eyes and a great tit in our yard.
They usually come in pairs, but on this day only one of each were at the same feeder to have a blind date (?).
The other day, a group of about ten birds (a group of female bullfinch?), which look like tits but do not have black throats, flew in.
But they didn't seem to be interested in "Haruka" at the feeder.
続きを読む

2022年

2月

22日

時代は変化  Times change

https://storys.jp/story/38610 

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 2. My method of studying English unaided

2-3 How to study in your 30s (interpreted as how you study for the next 10 years)

 

https://storys.jp/story/38610 

イヤでも身につく”使える英語力”

2章 私の英語無手勝流勉強法

2-3 30代の勉強方法(次の10年の勉強方法)

Serially posted in English every Tuesday.

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

2月

21日

ネット掲載情報への反応  Reaction to information posted online

デジタル時代、インタネット時代には宣伝や情報提供への反応を数値で比較的容易に知ることができます。
数値で示されるその効果や反応結果に一喜一憂する必要はありませんが、やはり気にはなります。
添付しているのは私に関して尾道市内の英会話に関する閲覧数とネット掲載著書への閲覧数です。(いずれも無料サイトです。)
前者はおかげさまで市内では掲載依頼ずっとトップにランクされています。
後者は毎日の読者数のベースラインが約100名でに日によっては200名、300名になることがあります。
このように結果がそれなりに良いと気分もいいです。
しかし、この結果を見た他のネット業者が彼ら自身のために有料の営業の電話をしてくることは不愉快です。
In the digital age, the Internet age, it is relatively easy to know about the response by number to the information we provide.
We don't have to be happy or sad about the numerical results, but we are curious about it.
Attached are the number of views to my English conversation advertisement in Onomichi City and the number of views to the Internet postings of my own books. (These are both free sites.)
The former has always been ranked as the No.1 top in the city.
The baseline number of readers for the latter is about 100 daily, but it goes up to 200 or 300 depending on the day.
I feel good when the results are as fairly good as these.
However, I feel unpleasant when other online vendors see these results and make sales calls to me only for their profits.
続きを読む

2022年

2月

18日

記事紹介の波  A series of news coverage

https://storys.jp/story/38592      

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.4 COP3 (Kyoto Conference on Global Warming Prevention)

4.4. 2 A Series of Media Introductions

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38592 

4章 節電虫の誕生

4.3 省エネ大賞

4.4 COP3(地球温暖化防止・京都会議)

4.4.2 相次ぐメディア紹介

毎週金曜日に連載中

 


続きを読む

2022年

2月

16日

2月前半の尾道無料英会話道場(OESS)と英検1級有資格者ネットワーク(E1N) in 日本の月例会  Meetings of Onomichi Free English School (OESS) and Monthly Eiken Level 1 Network (E1N) in Japan in the firs

以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS午前コース、2月05日(土、19:00~): 沈没、汚染、そして移転するインドネシアの首都
2. OESS夕方コース、2月10日(木、10:30~): アラン語-スペインの知られざる言語
3. E1N月例会、2月12日(土、20:00~): 人生の宝物
英会話道場はいずれもメンバーからのニュースと質疑で会が終了し、トピックについては次回に持ち越されました。
人生の宝物に関する要旨まとめは以下のサイトにアップ掲載されています。
They were held on the following dates with each talking topic.
1. OESS, Feb. 5th (Sat. 19:00~): Indonesia's capital is sinking, polluted and now moving
2. OESS, Feb. 10th (Thurs. 10:30~): Aranese- Spain's little-known language
3. E1N, Feb. 12th (Sat. 20:00~): Treasure(s) of your life
Both English conversation dojos ended the meeting with news and questions from the members, and the topics were carried over to the next meeting.
The summary of Life's Treasures is available at the following site.
続きを読む

2022年

2月

15日

例文暗記  Memorizing sentences

https://storys.jp/story/38571

How to acquire English skills even if you don’t want to.

Chapter 2. My method of studying English unaided

2-2 How to study in your 20s (interpreted as how you study for the next 10 years)

2-2-3 Use of memorized example sentences

Serially posted in English every Tuesday.

 

 

https://storys.jp/story/38571

 

イヤでも身につく”使える英語力”

2章 私の英語無手勝流勉強法

2-2 20代の勉強方法(次の10年の勉強方法)

2-2-3 暗記例文の利用

 

毎週火曜日に連載中


続きを読む

2022年

2月

14日

パルオキシメーター  Pulse oximeter

コロナウイルスの波状感染はあと数年?は終息するようには思えません。
そこで、管理看護師をしている姪に聞いてパルオキシメーターを購入しました。
病院用はプロ仕様で高価なようですが、一般者向けには市中のドラッグストアや通販でも安価でそれなりの商品が購入できます。
使う必要性に迫られないことを願っています。
The coronavirus infection waves don't seem that it will end for a few more years (?).
So, I have bought a pulse oximeter after asking advice of my niece, who is a supervisory (managerial) nurse.
The hospital version is professional and expensive, but for the general public use, she said we could get inexpensive and reasonable products at drugstores or online.
I hope I will never have to use it.

2022年

2月

11日

記事紹介 News coverage

https://storys.jp/story/38553

 

Chapter 4 Birth of Setsuden-mushi

4.4 COP3 (Kyoto Conference on Global Warming Prevention)

4.4.1 Phone call from the Asahi Shimbun

 

 

Serially posted in English every Friday.

https://storys.jp/story/38553

 

 

4章 節電虫の誕生

4.3 省エネ大賞

4.4 COP3(地球温暖化防止・京都会議)

4.4.1 朝日新聞からの電話

 

 

毎週金曜日に連載中


続きを読む

2022年

2月

10日

コロナ感染  COVID-19 infection

コロナ感染:
日本全国でCOVID-19の感染が爆発的に広がる中、東京と千葉に住む私たちの子供たちも感染してしまいました。
自宅待機療養を余儀なくされたようですが、それなりの準備もしていたようで、大事に至らず回復しました。
東京では保健所からはたった一通のメールだけが来て、自宅療養するように伝えられたようです。
千葉ではホテル療養は選択できないようです。
実質的には“ほったらかし”ですね。これが大都会の現実で、大地震が来ても同じなのでしょう。
個人レベルでの事前の準備とリスク管理が大切ですが、これには限界があります。
COVID-19 infection:.
Amid the explosion of COVID-19 infection all over Japan, our children living in Tokyo and Chiba got infected.
They were forced to stay at home and recuperate, but they were prepared for it and recovered without any serious problems.
In Tokyo, they received only one e-mail from the public health center and were told to stay home and recuperate.
In Chiba, the the treatment in the hotel is not their option.
In effect, they are "left alone”. This is the reality on the big cities, and it will be the same even when a big earthquake hits.
Advance preparation and risk management at the individual level is important, but there are limits to this.