For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

ライフ サイクル アセスメント  Life Cycle Assessment

先日NHKの「あさイチ」でライフ サイクル アセスメント(LCA)ついて説明がされていました。約20年を経過して、ようやく、時代が追いついてきた、という感じを持ちました。

LCAとは商品やサービスがどの程度の環境への環境負荷(二酸化炭素ガス排出量)をかけているかを定量的に評価する手法で(添付資料参照)、非常に細かな計算が必要です。

例えば、同じ排気量2000㏄の2台の自動車がライフ サイクル アセスメントで評価され、環境負荷が少ないと評価された方を購入すれば、環境に配慮した買物ということになります。

もちろん、自動車に関しては電気であろうが、ガソリンであろうがその絶対使用数を減らすことが一番効果的な環境負荷低減方法ですが。

私がかつて開発した節電装置(節電虫)は19年も前の2003年にこのライフサイクルアセスメントの手法で実際にその環境負荷と、装置そのものによる環境負荷の軽減効果の両方が計算、評価され、タイプⅢエコリーフ環境ラベル認証を国内では3番目に受け(添付資料参照)、地域のテレビでもニュース紹介されました。

https://1drv.ms/v/s!Ai_aaa4f_vZzge4SzoiAJ9Lm4yvC7g?e=Xynk6k 

The other day, NHK's "Asa Ichi" program explained about this and I felt that the time has finally come.

LCA is a method to quantitatively assess the extent to which products and services impose an environmental burden (carbon dioxide gas emissions) on the environment with very detailed calculations required. (See attached document).

For example, if two cars with the same displacement of 2,000 liters are evaluated in the Life Cycle Assessment, purchasing the one that is evaluated as having less environmental impact would be an environmentally friendly purchase.

The most effective way to reduce the environmental impact of automobiles, whether electric or gasoline, is to reduce their absolute number, of course.

In 2003, as many as 19 years ago, the power-saving device (Setsuden-mushi) I developed in the past was calculated its environmental impact using this life cycle assessment method and also evaluated for its environmental impact reduction effects by the power-saving device itself, which led to Type III EcoLeaf environmental label certification as the 3rd one in Japan, (See attached label) and the news was covered by the local TV station.