For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

国の電力消費に匹敵するインターネットのエネルギー消費  Energy consumption by the Internet equivalent to the electricity consumption of a country

便利なスマホやインターネットのエネルギー負荷が膨大で、インターネットだけでイランの国内エネルギー使用総量(日本の約5分の一)に匹敵しています(資料参照)。
利便性の裏には必ず大きなエネルギー消費があるのです。
私は、夜はスマホの電源を切ります。切っていても夜は回線電話で必要な連絡は受けることが可能だからです。
我が家では、更に、この回線電話機(2台)は節電虫(コンセント電源自動オンオフ装置)のおかげで待機電力消費はゼロです、そして頻繁には見ないテレビ、ファンヒーター、照明灯などはコンセント電源を手動でオフして待機電力を消費しないようにしています。
エアコン、テレビ、扇風機、照明灯などの家電製品でリモコン操作できる製品や固定電話機やファンヒーターも同じように待機電力をずっと消費し続けています。
The energy load of convenient smartphones and the Internet is enormous, and that of the Internet alone is equivalent to Iran's total domestic energy consumption (about one-fifth that of Japan) (see data).
There is always a large energy consumption behind convenience.
I turn off my phone at night because even when it is turned off, it is possible to receive necessary calls by our landline phone at night.
In my house, furthermore, two landline phones also don’t consume standby power thanks to Setsuden-mushi (automatic outlet power on/off devices) and the outlet powers for TVs we don’t often watch, fan heaters, room lights and others are manually off to stop the standby power consumption.
Air conditioners, televisions, and other appliances that can be operated by remote control as well as landline phones, fan-heaters also consume standby power all the time.