For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

ギター演奏用伴奏バリエーション   Accompaniment Variations for My Guitar Performance

私は1人で演奏する場合、適度の音量、異なった楽器との組み合わせ、馴染みのある曲と馴染みのない曲のバランスなどに気を付けます。
先ず聴いて下さる方々に楽しんでいただけるかどうかが最も大切です。
異なった楽器との組み合わせでは前もって録音した音源と協奏したり、ネット上に公開されている異なった楽器の音源を伴奏に使います。
今回、私が持っている「千の風になって」の楽譜を以下の4種類のバリエーションで演奏できるようしました。
いずれも事前に移調作業や音量の適正化作業などが必要でした。
1. ギター二重奏
2. ギター三重奏
3. ピアノ伴奏
When I play the guitar alone, I try to find the right amount of volume, the right combination of different instruments, and the right balance of familiar and unfamiliar pieces for the audience.
First of all, it is most important that the audience enjoys the performance.
For the combination of different instruments, I will play with pre-recorded sound sources, or use sound sources of different instruments available on the Internet for accompaniment.
This time, I have prepared the following four variations for the score of "A Thousand Winds" I have.
All of them required transposition and volume optimization in advance.
1. Guitar duet
2. Guitar trio
3. Piano accompaniment