For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

起業・開業と必要資金 Start-up capital

比較的少額?開業可能?な「学習塾・個別指導塾・家庭教師」分野で、フランチャイズに頼らない場合、即ち小規模学習塾の自力での開業には今でも最低200万円の開業資金が必要でしょう。
なお、大手フランチャイズのチェーン教室となるには500万円~1000万円の加盟金が必要です。
この開業資金、約200万円の内訳ですが、室開講場所取得費(保証金、前家賃、仲介手数料など):50万円、販促PR費(チラシ):50万円、什器備品費(椅子、机、パソコン、書籍など):30万円、内装工事費:40万円、看板設置費:20万円として、合計で190万円です。
最近では開業が簡単だと思われるのか、必要資金を出し渋るのか、あるいは甘えているのか、これらの必要開業資金を準備せずに、実態も把握せずに開業を目指す傾向があるように思われます。
開業資金不足で、仮に開業できても資金返済をも計算にいれた覚悟十分な必死の事業ではないことが多く、長く継続するような仕事にはならないことが多いでしょう。
開業準備を兼ねて先ず試行的な開始の場合にはすべてを時間制で利用できるコワーキングスペースを利用する方法もあります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.office-ktk.jp/コ-ワーキング-スペース/ 
Start-up capital:
The smallest capital to start with for the private small preparatory school in Japan is about 2 million yen in case of a non-franchisee and 5 to 10 million yen for a franchisee. They should be smaller than for other business start-up.
The breakdown of the capital of about 2 million yen are 0.5 million yen for the classroom for rent, 0.5 million yen for the promotion cost, 0.3 million yen for the furniture, fixtures and equipment, 0.4 million yen for the interior finish work, .0.2 million for the advertising display.
Those who start up his/her business without preparing the necessary capital can’t make it continue successfully for a long time because of no strong determination of the business, I guess.