For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

35年前のシカゴトリビューン紙記事                                  35 year-old newspaper article on Chicago Tribune


記憶 残る広島(記憶に残る広島 ではありません。)
現役、オバマ・アメリカ大統領の広島訪問が話題となっています。
添付記事は35年前、1982年8月6日のアメリカ最大紙の一つ、シカゴトリビューン紙に掲載された内容です。
2ページ目、赤く囲んだ部分が当時の平和記念館の館長だった高橋昭博氏がアメリカ人記者、Mr. Charles Osgoodの取材に答えた内容の一部です。
この時、館長と記者の通訳をしたのが私でした。
この記事は新聞掲載後にその新聞記者から送られてきたものです。
Hiroshima remembered:
Visit to Hiroshima by the incumbent U.S. President Barack Obama has been a big news.
The attached article appeared in the Chicago Tribune, one of the major newspapers in USA, on August 6, 1982. 
The part in the red square on the second page is a part of what late Mr. Takahashi, then Piece Museum director, told to Mr. Charles Osgood, the American newspaper reporter.
At that time I worked for the both as an interpreter. 
The newspaper was sent to me by the newspaper reporter after it was published.