For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

 尾道ESS(無料英会話道場)のページに戻る

(2013年からのアーカイブもご覧いただけます。)

5月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会:
以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、5月21日(土、19:00~):盲導犬の訓練を受ける子犬たち
2. OESS午前コース、5月26日(木、10:30~):世界最大級の野生動物用横断歩道が着工
午前のコースでは目の不自由な夫妻を助けている盲導犬以外にメンバーの身の回りで生活している(いた)動物たちの色々なエピソードが紹介されました。動物たちとの共生は人間の精神衛生上にも良い効果があるのでしょう。
午後のコースでは、偶然でしたが、午前コースと同様に日本とオーストラリアでの身の回りの野生動物、日常生活での彼らとの遭遇経験などを紹介し合い、その貴重性、危険性などを確認しました。
Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of May:
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, May 21st (Sat. 19:00~): Puppies Trained to Guide the Blind
2. OESS Morning, May 26th (Thurs. 10:30~): Largest wildlife crossing in the world breaks ground
In the morning course, in addition to a dog that has been helping the nearby blind couple, we members introduced various episodes of animals that live (or were living) around us. The coexistence with animals must have a positive effect on the mental health of human beings.
In the afternoon course, as in the morning course, it was coincident that the participants introduced the wild animals in their daily lives in Japan and Australia, and confirmed the preciousness and danger of these animals.

5月前半の尾道無料英会話道場(OESS)例会:
以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、5月07日(土、19:00~):ブラジルの先住民コミュニティが恐れるウクライナの戦争の影響による違法鉱物採掘の脅威。
2. OESS午前コース、5月12日(木、10:30~):地域の環境と野生動物をサポートするために自生植物を植えよう。
前者ではブラジルを訪問したメンバー、将来訪問を希望するメンバーがその印象を述べました。依然として多くの問題を抱える?ブラジルに必要なのは政治改革はもちろん、その前に広い意味での教育が大切なのかもしれません。
後者ではゴールデンウィーク中の行動報告などで時間が費やされ、4月22日の「地球の日」にちなんで用意した資料に関するトークは再度、次回に持ち越されました。
Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the first half of May:
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, May 7th (Sat. 19:00~): Brazil's indigenous communities fear mining threat over war in Ukraine
2. OESS Morning, May 12th (Thurs. 10:30~): Plant Native Plants to Support Local Environment, Wildlife
In the former session, members who have visited Brazil or wish to visit in the future expressed their impressions on Brazil. Still facing many problems?, what Brazil needs may be a political reform, but before that, education in a broader sense may be important.
In the latter session, the time was spent on how Japanese members spent the time during Golden Week and the Australian member during their trip in central Australia in the past week.
The talk on the materials prepared for "Earth Day" on April 22 was again carried over to the next meeting.

4月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会:
以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、4月16日(土、19:00~):プラスチックカップはもういらない-スターバックス・ジャパンが新たな取り組みで店舗のプラスチックを撤廃
2. OESS午前コース、4月28日(木、10:30~):地域の環境と野生動物をサポートするために自生植物を植えよう
前者では残された少ない時間内で、事前に読んでいた記事内容についてプラスチックの使用減量は海洋汚染の減少に寄与でき、処分量が減少すれば地球温暖化防止にも寄与するとの考えが示されました。
後者ではオーストラリアからのメンバーの帰国時の出来事、PCRテスト、メンバーのこれから夏にかけての旅行計画から飛行機のエコノミークラスとビジネスクラスの経験談などで時間が費やされ、4月22日の「地球の日」にちなんで用意した資料に関するトークは次回に持ち越されました。
Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of April:
They were held on following dates with the topics prepared.
1. OESS Evening, April 16th (Sat. 19:00~): No more plastic cups — Starbucks Japan to get rid of plastic in stores with new initiatives
2. OESS Morning, April 28th (Thurs. 10:30~): Plant Native Plants to Support Local Environment, Wildlife
In the former session, though the time was limited, the participants discussed the articles that they had read in advance, and showed the ideas that reducing the use of plastics would contribute to the reduction of marine pollution and the decrease in the amount of disposed plastic would also contribute to the prevention of global warming.
In the latter session, the time was spent on the happenings upon the members' return to Australia, PCR tests, the members' travel plans for the coming summer, and their experiences in economy class and business class on airplanes.
The talk on the materials prepared for "Earth Day" on April 22 was carried over to the next meeting.

4月前半の尾道無料英会話道場(OESS)と英検1級有資格者ネットワーク(E1N) in 日本の月例会:
以下の日時、トピックや内容で行われました。
1. OESS夕方コース、4月02日(土、19:00~):自尊感情を高めるには
2. OESS午前コース、4月07日(木、12:00~):特別例会、ティムさん・ティナさん夫妻と花見昼食会
3. E1N月例会、4月09日(土、20:00~):もしも高校4年生があったら、英語を話せるようになるか。
4. OESS午前コース、4月14日(木、10:00~):特別例会、ティムさん・ティナさん夫妻の家見学とレストランでの昼食会
Meetings of Onomichi Free English Speaking Society (OESS) and Monthly Eiken Level 1 Network (E1N) in Japan in the first half of April:
They were held on following dates with each talking topic or content.
1. OESS Evening, April 2nd (Sat. 19:00~): Raising low self-esteem
2. OESS Morning, April 7th (Thurs. 10:30~): Special meeting, cherry blossom viewing and lunch with Tim and Tina
3. E1N monthly meeting, April 9th (Sat. 20:00~): If we had a senior year in high school, would we be able to speakEnglish?
4. OESS Morning, April 14th (Thurs. 10:00~): Special meeting, tour of Tim and Tina’s house and lunch in a restaurant


3月後半の尾道無料英会話道場(OESS)例会:
以下の日時、トピックで行われました。
1. OESS夕方コース、3月19日(土、19:00~): Alanna Shaikh, アルツハイマーへの準備の仕方
2. OESS午前コース、3月24日(木、10:30~): Alanna Shaikh, アルツハイマーへの準備の仕方
避けようのない病気の一つ、アルツハイマー病への対処の仕方として、Alanna Shaikhのプレゼンがその内容でしたが、彼女の心構えの一つは「良い人間」になること、でした。メンバーからは身近な例が報告されました。
後者の例会でも同じ内容をトークの資料、テーマにしていましたが、メンバーからのニュースと質疑とオーストラリアからのメンバーの来日(尾道訪問と滞在)への準備と計画作りに時間が費やされました。
Meetings of Onomichi Free English Learning Society (OESS) in the latter half of March:
They were held on following dates with each talking topic.
1. OESS Evening, March 19th (Sat. 19:00~): Alanna Shaikh, How I'm preparing to get Alzheimer's
2. OESS Morning, March 24th (Thurs. 10:30~): Alanna Shaikh, How I'm preparing to get Alzheimer's
Alanna Shaikh's presentation was about how to cope with Alzheimer's disease, one of the inevitable diseases, and one of her preparations was to be “a good person”. Some of the members reported the cases they know.
In the he latter meeting, the same material and theme for the talk as the morning course was prepared, but most of the time was spent on the news and questions from each member and on the plan of the visit by a member from Australia to Japan (to visit and stay in Onomichi).

3月前半の開催日時とトピック
1. OESS夕方コース、3月05日(土、19:00~):世の中には本当に腐った人間がいて、電話をしてくる人間もいる。
2. OESS午前コース、3月10日(木、10:30~):バタフライエフェクトは、あなたが思っているようなものではありません。
英会話道場夕方コースではアメリカでの詐欺手口が日本と非常によく似ていること、そして、実際に500万円の電話詐欺を未然に防いだ生々しい話をメンバーから聞きました。
一方午前コースでは自然現象に関する日本の言い伝えには雨に関するものが多くあり、その理由などを推察しました。また、英語での「雨のドシャ降り」表現に何故猫と犬が使われているかの推察もしてみました。
Meetings of Onomichi Free English School (OESS) in the first half of March:
They were held on following dates with each talking topic.
1. OESS, Feb. 5th (Sat. 19:00~): There are some really rotten people out there, and some of them call you on the phone.
2. OESS, Feb. 10th (Thurs. 10:30~): The butterfly effect is not what you think it is.
In the evening course of the Eikaiwa Dojo, the members learned that scams in the U.S. are very similar to those in Japan, and heard a vivid story of how a 5 million yen phone scam was actually prevented.
On the other hand, in the morning course, we learned that many Japanese oral traditions about natural phenomena are related to rain, and we speculated on the reasons for such phenomena. We also tried to guess why cats and dogs are used in the English expression of raining cats and dogs.

2022年2月 後半の開催日時と話題 

夕方コース(土)  2月19日 午後7時~8時30分  沈没、汚染、そして移転するインドネシアの首都

午前コース(木)  2月24日 午前10時30分~12時  バタフライ効果

前者は首都移転が進まない日本に対してインドネシアの計画実施には賛同、うらやましさが聞かれました。

後者は出席メンバーの近況報告と質疑で時間が経過し、予定していたテーマに関する意見交換は次回に持ち越されました。

Dates and times, talking topics in the latter half of February

Evening course (Sat.) Feb. 19th  19:00 - 20:30 

  Indonesia's capital is sinking, polluted and now moving

Morning course (Thurs.)  Feb. 24th 10:30 - 12:00

  The butterfly effect is not what you think it is.

As for the former, there was support for their plan and envy because of Japan's slow progress in relocating its capital.

In the latter, time passed with reports on the recent activities of the attending members and questions, and the exchange of opinions on the scheduled topics was carried over to the next session.


2022年2月 前半の開催日時と話題 

夕方コース(土)  2月05日 午後7時~8時30分  沈没、汚染、そして移転するインドネシアの首都

午前コース(木)  2月10日 午前10時30分~12時  アラン語ースペインの知られざる言語

いずれのコースも出席メンバーの近況報告と質疑で時間が経過し、予定していたテーマに関する意見交換は次回に持ち越されました。

Dates and times, talking topics in the first half of February

Evening course (Sat.) Feb. 5th  19:00 - 20:30 

  Indonesia's capital is sinking, polluted and now moving

Morning course (Thurs.)  Feb. 10th 10:30 - 12:00

  Aranese, Spain's little-know language

In both courses, time passed with reports on the recent activities of the attending members and questions, and the exchange of opinions on the scheduled topics was carried over to the next session.


2022年01月27日 (ESS-M, No. 185)
アラン:
一週間前の1月27日(木)の午前コースはスペインのカタロニアとフランスの国境域にあり、今でも独自の言語を維持している小さな地域のアランをトーク資料として鹿児島県から参加いただいているKさんが司会でした。
真夏のオーストラリア、メルボルンから参加のTさんを含め7名の出席でしたが、各自の過去2週間の話題に関する報告とそれにまつわる質疑応答で90分が過ぎましたので、準備されたトーク資料は次回に使用することになりました。
次回は冬季オリンピックが話題として加えられます。
January 27, 2022 (ESS-M, No. 185)
Aran:
The morning course on January 27th (Thursday) a week ago was moderated by Ms. K from Kagoshima prefecture, who prepared a reference on Aran, a small region on the border of Catalonia in Spain and France that still maintains its own language.
There were seven participants, including Ms. T from Melbourne, Australia, now in the middle of summer. Ninety minutes quickly passed with reports on the topics of the past two weeks by each member and the followed questions and answers about them, so we decided to use the prepared talk material for the next session.
The Winter Olympics will be added as a topic next time.

2022年1月 2コース 1回目の開催日時と話題

午前コース(木)

1月13日午前10時30分~12時

夕方コース(土)

1月15日午後7時~8時30分

オンライン例会に逆戻りしました。

例年通りいずれも新年過ごし方と抱負についての楽しいトーク、情報交換でした。

午前コースではオーストラリア、メルボルンからの夏の正月についての話題に興味が集まりました。

午後のコースではUSAで30年ほど勤務後に帰国した福岡県からの新しいオンラインメンバーが加わり、流ちょうな英語と豊富な話題に魅せられました。

Time and Topics of the 2 Courses in January

Morning Course (Thursday) on Jan. 13, 10:30 a.m. - 12:00 p.m.

Evening Course (Sat) on January 15, 7:00 p.m. - 8:30 p.m.

We have reverted to online meetings for the both meetings.

As usual, we had a good time talking and exchanging information on how we spent the New Year and what to expect this year.

In the morning course, there was a lot of interest in the topic of the summer New Year from Melbourne, Australia.

In the afternoon course, a new online member from Fukuoka, Japan, who returned to Japan after working in the U.S. for about 30 years, joined us and fascinated us with his fluent English and rich topics.