For inquiries or information

TEL: +81-80-1928-8778

Business hours

9:00 ~ 17:00 (Monday ~ Friday)

アルコールと認知症 Alcohol and dementia

少し前になりますが、2月21日のBBC放送(ラジオ)で日本の超高齢化社会の実情とフランスからの医学ニュースとして認知症の40%はアルコールによるもの、との報告がありました。
“適量のアルコールは認知症に良い”はウソ!で少量でも飲めばそれだけ脳にダメージを与える、との忠告は私が30歳代から友人のアメリカ人医師から言われていましたし、以下のサイトでも指摘されています。
http://business.nikkeibp.co.jp/…/r…/16/091200163/121200015/…
アルコールは化学物質、細胞破壊物質で病気を治す薬ではないということです。
Alcohol and dementia:
A little while ago on February 21, BBC radio reported the news about the situation of the super aging society in Japan and the medical one, saying that about 40% of dementia are related the alcohol drinking.
It is wrong that a little amount of alcohol is good for preventing dementia. The alcohol gives damage to the brain however small amount we drink it.
I have got this advice from an American doctor friend of mine around at my age of 30 and the same is pointed out at the above mentioned site too.
Alcohol is a cell-disrupting chemical substance and never can be a medicine that cures illness.